デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

気持ちがわからない…。

2006年07月08日 23:24

いかがお過ごしでしょうか?
今日は、年一回くらい体育館スーパードッチボールとカローリングをしているのですが、なかなか楽しかったのは良いけれど、思いに体がついていかずに四苦八苦って感じでした。
やってるうちに、慣れてきましたけれど…。
こういう時に年齢を感じるのですよね。
σ(^_^;)アセアセ...

既に、お尻筋肉が痛いけど…。
明日・明後日は、筋肉痛で起き上がれるか心配だぁ~…。


メール頂きました。
有り難うございました。


本日は、

「彼が私と結婚したいのかどうかが今ひとつわからない」

という人は、彼との真剣な対話が少ないのではないでしょうか?

お互いに趣味が同じだし、聞きたい音楽も一緒。
一緒にいると、あっという間に、楽しい時間が過ぎていく。
だけど…。
お互いが、どんなふうに生きていきたいのかということを真剣に話し合っていないのでは…?

そして、
結婚生活にとって一番大切な
「お互いがどう生きていきていきたいのかという話」をしていないため、あなたの彼は、結婚生活リアルに想像できずにいるのかもしれません。

そこで思うのですが、あなたが彼の気持ちをしりたいのなら、彼が
結婚したら楽しくなりそう」
と思えるような話をどんどんしてみてはいかがでしょうか。

もちろんこれって、ちょっと勇気のいることですし、
「私が結婚の話なんかしたら、彼はひいちゃったりしないかな」
結婚の話なんかして、重荷に思われたらどうしよう…」
と、ネガティブな想像をしてしまう人も多いのかもしれません。
だけど。
結局のところ、何年つきあったとしても、彼の真意を確かめないことには、一歩も先に進めないと思いませんか?


そして、もしも彼が「ひいちゃう」ことがあるとしたら、結婚の話そのものに対してではないと思うのです。
男性が「ひいちゃう」のは、
「私のことを重荷に思われたらどうしよう…」
という女性の気持ちに対しての場合の方が多いのです。

面白いもので、人間関係って、
ネガティブアプローチにはネガティブな回答が返って来やすい」もの。

逆に、
ポジティブアプローチにはポジティブな回答をもらいやすい」
というわけです。


あなたが、友達の結婚披露宴の様子などを恨めしそうに話したりしたら、彼はうんざりしてしまうかもしれません。
「ねえねえ。私とおない年の友達が昨日結婚式だったのよ。
私も、そろそろ◯◯歳だし。このままではいけないと思うの。
一体、あなたは私のことどう考えてるの?」
こんなふうに責める口調で言ってしまったら、もともと彼に結婚の意志があったとしても、萎えてしまうでしょう。

逆に、明るく可愛らしく
「ね、あなたといると楽しいな。私たち結婚しちゃおっか?」
などとアプローチすれば、彼もワクワクしながら、将来のふたりの姿を想像してくれるかもしれません。


そして、明るい口調で彼に結婚の話をふったら、彼の様子をうかがいながら、彼の将来のビジョンをどんどん聞き出したいですよね。

彼は両親とは同居しようとしているのか、女性が働くことをOKと思うタイプかNGと思うタイプか、子供を持ちたいと思っているのか、家事はどちらがすることを想定しているのか…?

もちろん、こうした細かな話をするのは、ちょっと勇気のいることかと思います。
だけど、もしも、これらのことをまったく話さずに結婚したとしたら…?

「えー! 私は、結婚しても仕事を続けるつもりだったのに」
「彼は、家事は女の仕事だと言って、ちっとも家のことを手伝ってくれない」
「一刻も早く子供が欲しいのに、彼は一生子供はいらないって言うの…」
「ああ、こんなはずじゃなかったのに…」

などという結果になりかね無い事は想像出来ると思います。
こうした結果にならないためにも、結婚前には、お互いの将来のビジョンについて必ず話し合う必要が出てくるのです。

もちろん、
「お互いのビジョンが100%同じ」
なんていうことは、まずありえないと思います。
どんなに似ている人同志でも、少しずつ違う部分を持っているものですから。
でも、違いがあったとしても、あんまりガッカリしないことですよ。

それよりも、お互いの違いを埋めていく方法を考えてみてくださいね。
貴女が、譲れる部分はないでしょうか。
逆に彼に、譲ってもらえそうな部分はないでしょうか。

その結果、お互いが少しずつ、譲れる部分があるのだとしたら…。
「絶対に譲れない部分」は、譲らずに済むようだったら…。
その時は、その人と結婚したら、きっとうまくいくと思うのです。

なぜかと言いますと、
「譲れる」ということは、それだけ相手の人を愛している証でもあり、貴女自身が「人間は譲り合わないとうまくやっていけない」という大人の感覚を持ち合わせているということ。
そういう人なら、誰かと一緒に暮らすことを請け負う強さと優しさを持っているはずだからです。

そして、自分が絶対に譲れない部分を守っていけそう…ということは、好きな人との人生を楽しみながらも、自己犠牲の部分はそれほど多くはないということ。
つまり、彼との生活を楽しみながら、「私個人」の人生も楽しんでいけそうだからです。

ちなみに、男性が貯蓄をするきっかけの多くが「結婚を意識したとき」というデータがあるようです。
もしかしたら、あなたの彼も、あなたとの将来のことを考えているのかもしれませんよ。

どうぞ、明るく、ポジティブに。
ふたりの未来について、彼と話してみてくださいね。

相手をこれから見つける人も、必ず覚えておきましょうね。

健闘を祈ります。

お相手は、heroでした。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

hero

  • メールを送信する

heroさんの最近のデジログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31