デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ノー・サンキュー

2012年05月27日 19:23

ノー・サンキュー

昨日は、買い物行くのに家の鍵を忘れて、家に入れず図書館で半日過ごしました。
Tシャツジーンズだったので出掛ける事も出来なく…。
着替えてから買い物行けば良かった。
と思ってもあとの祭りで…。

そうそう、写真は「旭川らぅめん 青葉」急にラーメンが食べたくなりました。
海老名にあったけれど撤退したとか…。
醤油味が有名です。
写真本店で食べた塩です。

図書館の帰りに交差点で、お母さんが子供に「ダメだよ~ぉ。走ったら危ないからねぇ。良かった。」
女の子が止まるとすぐに…。

よく見かける光景では、「走らない!!」「走るなよ!!」「走ったらダメ!!」
など、強力な口調で叱ります。
でも、その時は、ビクッとして止まるけれど、その後は全く応えない。

お母さんに安心(優しく)してもらうためなら我慢出来る。
というわけですね。

これを、応用したように思えるのが…。

ブラジル出世したルーラ・ダ・シルバという人。
彼は、大統領になったのですが…。

その過程で、彼特有の断りの哲学があり、それを実行する事で人の心を掴んでいったそうです。
それは「NOを言うときの秘訣」です。

「NOを言うときは、YESを言うときと同じくらい、相手にたいして敬意を払うことが必要だ」。

実際に断られたとき、相手は気まずさから、断った相手に対してネガティブな気持ちを抱くと思います。

しかし、必然的に優しく接することで、相手は喜び、その相手にたいして深い感謝の気持ちを抱いてくれる、という事だとか…。

そして、相手の告白を拒絶するときは、相手の告白にOKをするときと同じくらいの優しさで接するべきである!という事なのです。

いずれにしても、ある意味、「断り方の理想型」ですよね。

ただ、単純には出来ないでしょうね。

そこで、帳尻合わすとっておきの言葉が「ありがとう」と最後につけることです。
断った直後に、必ず「ありがとう」って。

これだけで、相手は断られたさびしさを和らげられます。


誰でも、最上級の勇気をもって、誘っています。
どんなに気軽そうに見えても、断られて悲しくない人なんて、いないですよね。


そのことを意識して、ただほんのちょっとの優しさをあげてくださいね。

それではまた、時間がある時に…。
heroでした。

このデジログへのコメント

  • hero 2012年05月27日 22:01

    > にこみさん

    コメントありがとうございます。
    断る時は、強引・傲慢になってしまいますよね。
    相手に反感をかってしまうと思わぬ落とし穴に…。
    こちらから敬意を示し敬意を返してもらう事がベストですね

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

hero

  • メールを送信する

heroさんの最近のデジログ

<2012年05月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31