デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

いい話:出入り自由の学びの場[釜ヶ崎芸術大学]

2013年07月09日 23:15

大阪釜ヶ崎芸術大学を創設した詩人
上田假奈代(うえだ・かなよ)さんの話

假奈代さんは、釜ヶ崎の隣町を拠点に詩人活動をスタートさせました。
釜ヶ崎路上で暮らす人は、1千人超。
戦後の高度成長を支えてきたのに、今は、見向きもされない。
「どうせ学校でてへんもん」
日雇い労働者おっちゃんの一言がきっかけでした。
どう関わればいいかと考えた末、ホームレスの表現活動を支援し始めました。
「学びたい人が集まれば、そこが大学になる」
哲学天文学宗教学ファッション、詩。
その道のプロに講師を頼みました。
チラシを配り、42回の授業に571人。
9割がおっちゃん達です。
紙芝居詩作自分語り
おっちゃん達が愛情、友情、人とのつながりを取り戻しているように見える。
「学びによって、助けてと言えたり誰かに思いを届けたりすることができる。命を救うこにつながると思うのです」

朝日新聞2013.5.15


「学びたい人が集まれば、そこが大学になる」。
勇気がわいてきました

このウラログへのコメント

  • りぶら 2013年07月09日 23:24

    いやいやとか仕方なく大学に行く人間よりは

    ずっと世の中の役に立ちますね

  • なな♪ 2013年07月09日 23:28

    りぶらさん:私もそう思います意欲あるというのは強みです

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31