デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

いい話:引きこもり者が町おこし

2013年07月13日 22:00

秋田県藤里町引きこもり対策の話

藤里町引きこもり対策が注目を集めています。
訪問調査を行ったところ、引きこもり者の数は100人以上でした。
戸別訪問による調査は「全国でも殆ど例がない」と評価されています。
対策の中心者となる菊池さんは、実態調査を進める中で『「一度、外に出掛けてみよう」と言うけれど、では、どこへ行けばいいのか』と言われました。
その答えとして「こみっと」をオープンさせました。
飲食店の他、調理室、カラオケ囲碁等が楽しめるサークル室等があります。
更に、引きこもり者の中で希望する人を、地域の困り事を解決する有償ボランティアとして派遣する「こみっとバンク」を始め、好評を博しています。
飲食店での接客やそば打ちの他、家庭の除雪作業や高齢者向けの配食サービス、特別養護老人ホームの掃除等を請け負います。
こうした取り組みにより、113人のうち30人を超える人がこれまでに就職を勝ち取るようにもなりました。
引きこもりといっても、彼らはごく普通の若者達ばかり。彼らが活躍する機会もなく埋もれているのは本当に勿体無い。彼らが自立してくれればその活力が町を盛り上げてくれるに違いない。彼らこそ町おこしの“切り札”なのです」

公明新聞 2013


「どこに行けばいいの?」
シンプルな質問の中に、とても重要なポイントが隠されていたんですね。
公明新聞は初めて読みましたが、印象的だったので載せてみました

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31