デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

歯医者はドキドキ!?

2006年07月20日 15:14

やっぱり歯医者さんって言うのは皆さん嫌いですよね?それでも歯が強い方はいいですが、虫歯になりやすいって言うのはあるもので、どうしても世話にならないといけない人も多いかと思います。

うちも、妹は、学校で表彰される位健康な歯だったようですが、僕は全然ダメで、小さい頃から、虫歯体質です。奥歯なんかほとんど全滅、前に行くほどなりにくいのですけど、それでも色々治療せざるを得ないのが現状です。

さて、歯医者に行くわけですが、最初は程度が軽いところで、前歯の根本が削れてる?っていう状態で診察を受けました。医者によると、どうも歯が余り強くないにもかかわらず、一生懸命力を入れてごしごしやるから削れた、要するに力の入れ過ぎってやつですね、と言うことなんだそうです。
ゆっくりと、丁寧にブラッシングすれば問題はなかったようなのですけどね。どうも虫歯が多いと、一生懸命磨かないと!と思ってしまうんですよね。

さてこの時の治療ですが、根本が少し削れて、程度が酷いところは、冷たい水がしみるかも?っていう状態だったのですが、ある程度整形して、何かあれレーザーでしょうかね?で、固まるプラスチックのような物を盛られて、固めて整形してお終い、とすぐ終わりました。まだまだ序の口ですね。

さて奥歯はもうかぶせてある有る歯がほとんどなのですが、中には、スキマから入り込む、治療当時の殺菌が不十分で、中からちょっとずつ増えてくる、といった感じで、かぶせ物の中が痛むようになる場合ですね。あまりに酷いと、歯が欠けて、かぶせ物がぽろっと取れた、っていうことも有りました。

この時の治療はまず、菌を完全に取り除くことから始めます。浸食された部分はもちろん削ります。まずは削っていく作業ですよね。
この削るのが苦手な人が多いようですが、僕は逆に大好きだったりします。どこが好きかと聞かれると困るのですが、おお、削れてらーと思いながら普通に治療してもらいます。

まず細い先のヤツで、それこそ超高速回転ですよね、キュィィィーンという音を立てながら、患部を削っていきます。痛かったら手を挙げてくださいねーとは言われますが、痛いところをするときにはあっという間であり、手を挙げたときにはもう遅い、ってことが普通ですねぇ。あとは力を抜いて、削られているねぇと思いながら、大口開けているわけです。痛いと思ってもそんなに痛いと思った事無いですし、別にどうって事無いので、放っておきます。

次は、整形ですね。細い物で削ったので、あちこち尖ってしまって、細かいでこぼこになっているわけですよね。今度は先の太いセラミックのカタマリ?のような先で、ゴリゴリゴリ…と削っていきます。これは局所的に来たりしないので痛いことは全くなく、ただゴリゴリの感触があご全体に響き渡るので、あ゛あ゛あ゛あ゛といった感じで進んでいきます。これが終わると終了です。綺麗な水で、洗浄して、うがいをして一旦口の中を洗って削ったカスを出します。

次に滅菌するため、薬の入った仮のかぶせ物をします。これで3日~1週間くらい放置します。取れやすいので、ガムは厳禁ですし、どうしてもバランス悪いので、治療してない方で噛むことになります。

さて、仕上げに近づいてきました。最後にきちんとした、新しいかぶせ物をするために型を取ります。あれ何分くらいですかね?しっかり噛んでくださいねーと噛んだままにされるのですが、型を取るやつってまずいんですよねぇ。余り好きじゃないですね。痛くも何ともないですが。時間が来ると終了。もう一度滅菌の薬の仮をかぶせて、完成を待ちます。1週間くらいでしょうか?

最後に綺麗に洗浄して、これでもかって位洗浄しますが、出来上がったかぶせ物を乗っけてみます。でも普通、補正が出来るように大きめに作ってあるので、はまりません。コンコンと衝撃の来る何ですかあれ?、物で押し込まれていくのですが、どうしても補正が必要です。削ってははめてみて、削ってははめての繰り返しをしつつ、いい状態になるまで、削ります。完成したら、スキマが出来ないよう、接着剤のような物を塗られて、押し込まれます。当然違和感があるので、高さが合わないようだと補正してもらいますが、普通、噛んでいくとちょっと落ち込むので、微妙に高いくらいにされることが多いですね。

これで、治療は終わりになります。

次はもっと根が深い場合に行きましょう。
大抵は、もう治療済みなので、さっきのかぶせ物した、内側から浸食と言うことになるのですが、痛ぇ、と思った場合は大抵もう根が深いです。レントゲンで見ますが、これはもう神経まで行ってますね、と言われるとアウトです。とっても痛い治療が待ちかまえています。

まずかぶせ物を取りますが、酷いときは異臭がするときすら有ります。かなり根が深い証拠です。
こうなったら、菌を取り除く為には、神経まで行っているので、神経を取り除く事が多いようです。ただ神経を取ってしまうと、歯が抜けやすくなるので、どうしようもないわ、って時だけですね。

治療的には、先ほどと一緒ですが、唯一違うのは完全滅菌するため、やられた神経を取り去ってしまう治療が加わります。この時、麻酔をするわけですが、歯の根元や、歯茎注射をするのは大丈夫なんです。ですが、最後に患部である、神経があるところへ向けて、ぶすっとやられると、もう飛びあがらん程に痛いのです。神経に注射しているんですから当然ですが。これが歯科で一番痛い治療ですよ、とか言われた記憶もありますが、これだけは勘弁して欲しいです。さすがに歯医者好きな僕でも、これだけは避けたいと思うほどです。

麻酔が効くと、どうでも良くなりまして、神経を抜く、正確には、すりつぶす作業になります。先の細いドリルの刃みたいなのを手に持って、医者が、ぐりぐりやっていくわけです。もう麻酔が効いているので痛くも何ともないですが、歯の中心へ、ドリルの刃を突っ込まれるのは、良い気分じゃないですね。残っていると、いけませんので、ちょっとずつ太い刃に替えながら、ぐりぐりやっていき、もう無くなったなと思えるところまで来たら、殺菌剤でしょうかね、を含ませた綿を細くして、さらに突っ込み、綺麗にして、これを詰めたまま、仮のかぶせ物をして終わります。これで、完全に殺菌が出来るまで少し時間がかかりまして、何度か綿を入れ替えていき、OKになったら、先ほどの治療同様、型取って新しいかぶせ物を作ります。あとは一緒です。

普通の治療はこれくらいでしょうか?僕は親知らずが、90度横に向いて生えているので、抜くに抜けないそうです。ですから、抜くと言うことは、乳歯の頃に1回やったかな?位の記憶しか有りません。やるときは、麻酔して、ペンチで掴んで、ぐりぐり~とやって、抜くそうですが。抜いたときは、血が止まるまでが大変ですね。ずーっと綿を噛んでおいて下さいとか言われますが、そのうちあごが痺れてきます。

通常の治療はこれで終わりですが、オプションとでも言うんでしょうか、歯垢を綺麗に取ってくれるところがありますね。全くしないところも多いですが。
この時は、空いた時間に歯科衛生士さんですかね、が掃除してくれるわけですが、全部を綺麗に取るためには、いろんな体勢になるわけですね。この時いい体勢?になると、もろ胸が密着してきたりして、そっちの方でドキドキです(笑)あっちは職業柄、慣れているようですが。こっちはラッキーと思って歯のこと何か忘れて、妄想モードに入っていたりします。

このくらいですね。最近歯垢取りに行ってないので、定期検診を兼ねて行ってみてもいいかなと思ったりしています。ただ、新しい虫歯が見つかる可能性も大きい訳で、そうなるとまた治療かよ、ってことになってしまうわけですね。微妙な心境です。


コメレスコーナーです。
>みさおさん
姉妹でモモvsマミだったわけですねー。モモも面白いので、結局どっちもどっちなのですけど、それでも、マミは譲れませんですね、ハイ。


本文とは関係ないですが、昨晩初めてチャットに入ったわけですよ。本来余り女性をリードしてあげられるほど、しゃべりは上手くないので、緊張しましたが、まだチャットなら、なんとかいけますね。最初のきっかけが重要だというのが良く分かりました。話し始めると、色々ネタを振りつつ話せるんですが。ですが男性にはポイントがあるので、無制限に話せないのが辛い。いろんな人がいて面白いんですけどね。最後の人なんかは、もう愚痴りまくりで、飲んでます?と聞きたいほどでしたが。また機会があれば、そのうち、チャットに行ってみたいと思います。でもお金が続きませんよぉ…。あれは面白すぎますね。ちょっとハマりそうで怖いです。


さて今日も長くなりましたが、さてお次は、また重い話しでも行ってみますか?鬱系な話しは好きというか、エピソードが多いというか…。僕が会社を辞めたワケ、で行ってみましょう。ではまた次回~。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

あき

  • メールを送信する
<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31