デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

逆転勝ちを狙うチャッティ(2)

2009年08月27日 01:20

自分の発言:「ごめんお皿洗ってた。初めまして」
相手の発言:「初めまして。一人暮らしなの?」

会話スタート
いつもの様に取り留めのない話題から入る。



相手のノリは良さそうだ。
たまに急に落ちる子なんかもいるが、今回はお互いの返信が早い。


まずは世間話レベル。
相手は年齢不詳小田急沿線沿いに住み、OLとの事。



可愛らしい顔文字を使う彼女の文章、そしてレスポンスの早さを見て、チャットやりなれているなあ、と感じた。



リロードボタンを押しながら会話を進める。いつの間にか30分を過ぎた。
会話はなかなか良い感触。いけるかなと思った矢先・・・


!!


リロードボタンを押すとエラーメッセージ。部屋から強制退出させられた。



部屋自体のタイムリミットは、相手がいようがいまいが30分。
いつもならそれに気づき、新しい部屋を作ってお互い移動をするのだが、今回は気づくのが遅かった。後の祭り



連絡先も聞いていない。空きの部屋はない。がっくりとうな垂れる自分。


それでも諦めきれずに、他の部屋のメッセージを見ながらさ迷う。

とあるメッセージが目に留まる。


--- ゆっきさん待ち ---
自分のハンドルネームを掲げた部屋を見つけ、もしやと思い入室する。

やはり彼女だった。



相手の発言:「あ、やっと来た」
自分の発言:「部屋ありがとう。嬉しかったよ」
相手の発言:「まだ喋りたかったし」



今回はいける・・・。そんな確信をし始めた。



口に出して欲求不満だ、と言う事はお互い言わない。

自分は言わずもがな、だが相手はご飯だけ食べたいのかもしれない。


自分の発言:「チャットで会ったりした事あるの?」
相手の発言:「さあ~どうだろう(笑)」
相手の発言:「このサイトで会った人は居ないかな」



のらりくらりと交わす彼女
業を煮やした自分は掲げたメッセージの通り、食事に誘ってみる。



自分の発言:「明日の夕方、食事に行きませんか」



続く。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ゆっき

  • メールを送信する
<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31