デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

星になれたら

2006年06月13日 14:19

 ここに登録してすぐの頃は,女の人からメールが来た時点で「何でメールを送ってきたの?」的なことを尋ねていたけれど,最近は擦れてきてしまったのか,そういうことを訊かなくなってしまった。
でも,ふとした瞬間に「ホントにあんたは存在するのか?」という気持ちになる。
そして色々な人のログに「ここに何を求めてきているのか?本当に出会う気持ちはあるのか?」という内容が書かれているのを目にする。
自分にそれを問いただしてみると,「う~ん。どうでしょう?(プリティ長島風)」という感じがする。
ここには少なくとも2つの問題があるように思う。
1つは,「特に出会うことを求めているわけではなく,会話(対話)を楽しむようになってしまっている」ということ。
要するに,このヴァーチャルな世界で会話(対話)していることですでに「出会っている感」があるので,無理に現実に会う必要を感じていないのかもしれない。
もう1つは,「ここから出て,会う勇気(意志)をもっていない(のかもしれない)」ということ。
でも,現実に「会いたい」と思う人がいるのも確かだったりする(もし,その人が本当に存在するのならば,の話だが…)。
実際,自分もその存在を証明しろ,といわれても,少し難しい(いや,簡単なのかな?)。
そこには少なからず不安もあるし,「いきなりそんなこと言われてもねぇ…」という感じもする。
ただ,実在することの証明になるかならないかは分からないけれど,出来る限りログを書いて,『現実に存在する感?』を出しているつもりではある。
ヤバい,訳が分からなくなってきた。
まぁ,いいや,自分にとってここは「現実世界への助走空間」(笑←分かる人にだけ)と位置づけて,よく分からないスタンスのまま「存在する」ことにしよう。

 長く助走をとった方が
 より遠くに跳べるって聞いた
 そのうちきっと 大きな声で 笑える日が来るはず

だと信じてみようかな,なんて思った。

 皆さんは,自分が本当にそこにいると思いますか?

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

タナケン

  • メールを送信する

タナケンさんの最近のデジログ

<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30