デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

意味も分からず歌っていた歌

2006年06月19日 14:55

 歌っていた中で最も有名なのは「仰げば尊し」だったりする。
基本的に1番くらいしか覚えていないが,ちょっと書いてみる。

仰げば尊し。 わが師の恩。
 教の庭にも。 はやいくとせ。
 おもへばいと疾し。 このとし月。
 今こそわかれめ。 いざさらば。

こうやって書かれていても,ちょっと分かりにくいなぁ,と思うのが,「はやいくとせ」と「今こそわかれめ」のように思う。
前者は「『早い』くとせ」だと思っていたし,後者は「今こそ分かれ目」だと思っていた。
「くとせ」って何だろう?とか,卒業式はやっぱり「分かれ目」だよなぁ…と考えつつ,今ひとつ意味は分かりかねていた。
ある時に,誰かが,係り結びの話をしていて,「『今こそわかれめ』っていう歌詞のところに使われているんだよ」と言うのを聞いて,「おぉ,ホントだ」と感心したものだった。
「はや 幾とせ」という区切り方をするのも随分後になってから分かった。
言葉を知らないまま歌うのもいいけれど,やっぱりその意味を知って歌いたいもんだなぁ,なんて思った。

 皆さんは,その意味も分からず歌っていた歌なんてありませんか?

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

タナケン

  • メールを送信する

タナケンさんの最近のデジログ

<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30