デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

風俗の女経営者@上海

2009年09月15日 23:13

風俗の女経営者@上海

何度か書いているように、上海に赴任した日本人駐在員は、たいていKTV(カラオケテレビ・日本のキャバクラに近い?)の小姐(この場合はホステス)に言い寄られて、鼻の下を伸ばすことになる。

指名のチップだけが頼りの小姐は、あの手この手で男性をその気にさせて、同伴出勤をさせたり、自分の指名客にさせる。
挙げ句の果ては、男にマンションを買わせるような、しっかりした小姐もいる。
当然そこには男女関係もからんでくる。

風俗で言うと、最近では日本人向けのサウナデリバリーのような本番風俗も増えているが、地方から出てきた中国人男性は、欲望をどう処理するのだろうか?

上海で富を手にした男性は中国カラオケに、出稼ぎ労働者は洗髪店(日本人床屋と呼ぶことも多い)のケースが多いようだ。
中国語が苦手な日本人男性にはあまり縁がない店である。

以前私が、「お泊まり保育の3P」で書いた、白領小姐(昼間の仕事をしている女性)は、色白の美人で、「もし鳳陽路が中国人結婚するならこの子かな」と思わせる女性だった。

春節旧正月)の時だっただろうか、彼女郷里四川に帰ってしまい、数ヶ月後また上海に舞い戻ってきた。
仕事はすでに退職していたが、ようやく連絡が取れて何をしているのかを聞いたら、なんと驚いたことに、洗髪店の「老板娘(ラオバンニァン・女経営者)」をやっていた。

洗髪店では、地方から出てきた若い女の子に場所を貸し、マッサージや場合によっては本番行為をさせるのである。
もちろん違法だが、怖い怖い公安が来ても、「私は場所を彼女たちに貸しているだけで、何をしているのかは知らない」と言い訳できるようにしてあるわけである。

稼ぎを聞いてみたら、本番一回で150元(=約2,250円!)、その内彼女は「老板娘(ラオバンニァン・女経営者)」として、場所代を100元も徴収するのである。
ひどいよねえ。
地方から大都市上海に出てきて、身を売って、たった50元(=約750円)しかもらえないなんて・・・。

運転資金はどうしたのかを聞くと、どうやらボーイフレンド彼氏?に出させたようだった。

相変わらず興味津々の鳳陽路の調査によると、田舎から上海に出てきた若い女の子は、泊まる場所もないので、とりあえず先に上海に出てきている郷里の友人や知り合いに教えられたりして、洗髪店に荷物を下ろす。

そこで、泊まるなり、男性の相手をしたりして小金を手に入れて、数日以内には去っていくようだ。
だから洗髪店で、長期間本番行為を続けている小姐は、極めて少ない。

これもまた驚いた話だが、洗髪店で本番をやっていた小姐が、中国カラオケホステスになって、その後洗髪店の老板娘(女経営者)になった例があった。

やはり本番をやって半分以上を搾取されるより、搾取する側に回るべきだということか。
そういう子は、頭も良く、リーダーシップもある。
まあ、それにしても、中国女性生き方は本当にたくましい。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

鳳陽路

  • メールを送信する
<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30