デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

彼にいらいら、実は…。

2006年09月05日 21:58

お仕事お疲れさまでした。

ソニーコンピュータエンタテインメントは5日、「プレイステーション2」の新モデルを9月15日から希望小売価格1万6000円の新価格で発売する、と発表した。
 発売する新モデルは「SCPH―77000」シリーズ。シニア層や女性層に加え、新規ユーザーの囲い込みがねらい。

興味があればどうぞ!!


本日は、
「最近、彼にいらいらしてばかりなんです」
「彼に対する不満ばかり考えてしまうんです」

そんな悩みを持つ女性がいますよね。

いまいち理由がわからない。
だけど、なんとなく、彼といるといらつくばかりで楽しくない。
そんな様な悩みです。

そんな時には、少し冷静になって、彼のどんな言動に対して腹をたてているのかを分析してみるといいと思いますよ。

分析するときには、彼に対していらいらしたときのシチュエーションを思い出してみてくださいね。
そのときの彼の服装や仕草、言動を思い出してみると良いかも知れません。
その前後の彼との会話、メールや電話でのやりとり恋愛初期と最近との違いなどについてもできるだけ思い出してみてください。

それを時系列で考えてみると、自分が彼の何に対していらいらしていたのかが、だんだんわかってきます。
たとえば、次のような理由が見えてくるのでは…。
・最近、あまりメールや電話をくれない
デートの場所を決めてくれない
・私の誕生日(あるいはなんらかの記念日)を忘れられた
・一緒にいて話しているときにぶっきらぼう
・私の話を聞いてくれない

……などなどです。
あるいは、まったく逆の不満の場合もあると思います。
たとえば、

・最近しょっちゅうメールや電話がきてうざったい
・私に執着しすぎていて、恋愛以外の時間を彼が持たない
・束縛されているように感じる
・あまりに私を好きだという態度をとられてうざったい

って事でしょうか…。


そして、彼の“嫌なところ”がはっきりしてきましたら、
今度は、自分の言動をチェックしてみると…。
すると、意外と、自分も彼とおなじような言動をとっていた、なんてことが多いのですね。
そして、自分で自分のそのような言動をあまり好きではない場合が多いのです。

人間は、自分の嫌な部分と同類の性質を他人の中に見つけてしまうと、その他人に対して嫌悪感を持ってしまう部分があるのです。
つまり、恋人は、自分の“鏡”と言えるわけですね。


これは、恋愛に限ったことではありません。
会社の上司、同僚、部下などに嫌悪感を持った場合や、
家族や友達に嫌悪感を持った場合にも、いったん自分をふりかえってみると、まったく同じようなことをしているケースが結構多いのです。

嫌悪感を持った相手は、自分の鏡です。
そう思うと、なんだか相手に対しても優しくなれるような気がするでしょうか…。
そして、自分の嫌な部分を変えていこうという気になりませんか?

自分が変われば、周囲も変わります。
周囲に変わってほしいと“いらいら”するよりも、まずは自分から、変わっていきたいものですよね。

貴女に、明るい未来がくる事を願って…。

お相手は、heroでした。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

hero

  • メールを送信する

heroさんの最近のデジログ

<2006年09月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30