デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

大量失点・・・・・・・

2009年08月16日 07:35

大量失点・・・・・・・

巨人 グライシンガー10勝目 阪神は序盤の失点重く
毎日新聞 - 2009/8/15 19:58
筒井打たれる
 ◇プロ野球(15日)

 ○巨人9-7阪神●(東京ドーム) 

 巨人が打ち勝った。二回にこの日3打点と活躍した木村拓の2点適時打ラミレスの「完ぺきな当たり」という3ランで5点、四回は阿部の16号ソロなどで2点追加。五回に失策絡みで6点を失ったが、グライシンガーは3年連続2けた勝利の10勝目。阪神は序盤の失点が重すぎた。

 ▽巨人原監督 (3打点の木村拓は)しつこさが出た。(3番一塁阿部は)フル稼働だった。

 ▽阪神・真弓監督 (先発の)筒井は自分の思うようなところにボールがいっていなかったようだ。

 ◇巨人木村拓、しぶとい打撃で活躍…先発出場でようやく勝つ

 ベテランのしぶとい打撃が巨人非常事態から救った。前日の試合中に左足の張りを訴えて途中交代した小笠原がこの日、約2年ぶりに欠場。開幕から全試合、3番で先発出場してきた攻撃の柱が不在となったが、「今まで小笠原に助けてもらった分、ぼくらが代わりにならないと」と発奮したのが、2番に入ったプロ19年目の37歳、木村拓だった。

 まずは1点リードの二回。2死一、二塁から、詰まった当たりが右前にポトリと落ちた。「ラッキーだった」という打球は、右翼桜井のまずい守備もあって、2点適時二塁打となった。

 次は阪神に2点差と追い上げられた直後の五回、2死二塁の場面。粘ってカウント2-3からの7球目、カーブに「何とか食らいついていった」と、ゴロで三遊間を破る適時打を放った。木村拓は「阪神の強さは知っている。勢いを止めたかった」と振り返った。

 木村拓にはもう一つ勝ちたい理由があった。7月1日以降、自身が先発出場した試合は9連敗していたのだ。「払しょくしたかった」と今季初の4安打の活躍で、チームと自分の二重の連敗を止め、ほっとした笑顔だ。

 その他にも、4番・ラミレスが二回に3ランを放ち、4年ぶりの一塁で3番を担った阿部も四回にソロ本塁打右翼席に打ち込んで、小笠原不在のハンディを感じさせなかった巨人。層の厚さを存分に見せつける勝利だった。【立松敏幸】

【関連ニュース

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31