デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

4連勝○○○○!

2009年08月01日 08:15

4連勝○○○○!

後半戦負けなし。完全梅雨明け
4位浮上 まだまだこんなものじゃない」


阪神能見、7回1失点!巨人打線を前に躍動
サンケイスポーツ - 2009/7/31 20:55
写真



 (セ・リーグ阪神3-2巨人、13回戦、巨人7勝4敗2分、31日、甲子園)偉大な記録を目の前にしても関係なかった。夕暮れの聖地の中心で能見が躍動。巨人打線相手に三振の山を築いた。

 「自分の投球をするだけですよ」

 己を見失わないこと-。そう言い聞かせ、伝統の一戦のマウンドに上がった。

 立ち上がりからアクセルは全開だった。先頭の坂本を遊ゴロ。松本カウント2-1から外角に鋭く曲がるスライダーで空振り三振に斬った。小笠原は138キロのシュートで詰まらせ一ゴロ。3者凡退に抑えて、リズムに乗った。

 四回まで毎回三振を奪う快投。140キロ中盤の真っすぐに切れ味抜群のスライダー、110キロ台のチェンジアップを織り交ぜた。時折、腕を下げて投じることで打者の目線も変えた。変幻自在の投球で手玉にとった。

 前回7月19日の東京ドームでの一戦と球場以外は、まったく同じシチュエーションだった。相手投手は同じく左腕の内海。序盤から一歩も譲らぬ投手戦が続いた。

 前回はお互い9回まで投げ抜きゼロ封を演じた。結果的に阪神が延長十回に1点を取って勝利した。試合後、能見は「0対0対で投げ合うこともいままでなかったので、そんななかでゼロ点に抑えられたことは自信につながります」と手応えを口にした。

 現在、チームは7月29日の横浜戦(甲子園)から岩田、久保と2試合連続の完封を成し遂げている。この日、能見が達成すれば、1963年以来、46年ぶりの快挙だったが…。六回に先頭の坂本左翼スタンドへ先制のソロアーチを浴びた。だが、失投はそれだけ。能見がまたも巨人打線の前に仁王立ち。7回1失点と好投し、5勝目を挙げた。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31