デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ラミちゃんにやられた・・・・・・・・・・・

2009年08月30日 09:00

ラミちゃんにやられた・・・・・・・・・・・

トラCSへ収穫!桜井、一流右腕撃った!
サンケイスポーツ - 2009/8/30 7:52

 (セ・リーグ阪神5-7巨人、20回戦、巨人10勝8敗2分、29日、甲子園)この粘りが必ずや、クライマックスシリーズ(CS)進出につながる。阪神は八回、桜井広大外野手(26)が巨人・越智から追撃の9号ソロ。一線級右腕を打ち砕き、7試合連続安打真夏に開花した若武者が逆転CS進出の原動力だ。5.5差のヤクルトを追い抜いてみせる。

 カクテル光線の中、左翼席へ架かった“虹”に、虎党は夢を見た。八回だ。桜井が、越智の外角スライダーを引っ張った。懸命に追う左翼手の頭上を越えた大飛球は、左翼席通路を覆うネットでポーンと跳ねた。終わってみれば、勝敗表に黒星が1つ増えた。だが若武者の成長を示す一撃には、虎の明るい“あす”が見えた。

 「あしたにつなげる? そうですね」

 敗戦に口数は少なくなったが、ファンも納得の打球だった。粘りをバットに込めた一打は、2007年の自己最多記録に並ぶ今季9号。8年目で初の2けた本塁打王手をかけた。これで8月は打率.347、5本塁打と、ともにチーム月間トップ。“ミスターオーガスト”と呼べる暴れっぷりだ。

 「1本つなげば大きく流れが変わると思ったので、思い切っていきました。うまく転がってくれました」

 そう振り返ったのが、二回だった。一死一、三塁で、グライシンガーから左前タイムリー。昨年まで2年連続最多勝リーグ随一の右腕から、今季3打席目で初めて「Hマーク」を記した。

 「打ち損じをしていたら打てない投手コントロールがいいし、キレもあるから」。2007年こそ4安打を放ったものの、今季2打数安打。この打席も簡単に追い込まれたが、積極性は失っていなかった。バットが届くと瞬時に判断し、高めの直球を振り抜いた。見逃せば高めのボール球。それでもしんでとらえた球足速いゴロが、三遊間を破った。自分の形で振り抜いた“悪球打ち”は、打ち損じではなかった。

 真弓監督も「いま、状態がいいからね。これを続けていってほしい」と目を細めた。鳥谷金本新井クリーンアップが計41本塁打。一方、6番から並ぶブラゼル桜井狩野もこれで計26本塁打になった。相手が侮れない破壊力を秘めた“裏クリーンアップ”。その中心に、進境著しい恐怖の7番打者がいる。この打線の厚みが、逆転CS進出を狙う虎を支えている。

 投壊で痛い星を落としたが、3位・ヤクルト中日に逆転負け。ゲーム差5.5は変わらなかった。CS進出へ、風はまだ猛虎へ吹いている。夏休み最後、8月最後の伝統の一戦で目指すのは、巨人戦4カード連続勝ち越し。「ミスター8月」が引っ張るAクラス猛追の炎は、月をまたいでも消えることはない。
[ 2009/8/30 7:52 更新 ]
サンケイスポーツ

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31