デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

邦楽と洋楽の差

2009年08月11日 19:50

なんてもんを語るつもりは無いし語れる学も無いんだが、少なくとも洋楽に足を踏み入れるとお気に入れるアーティストがケタ違いに増えるのがいいな!

もう「なんだよ、アイツの新譜はまだ出ないのかよ!」みたいなフラストレーションは感じなくて済むよ。
つーか買いたいCDに収入がおっつかないです。

とりあえずは時期を見てこつこつとCDを買いあさる日々。

そして今日届いたのは3枚。
ニア様ことカタメニアの日本盤と唯一神FinntrollのUr Jordens Djup、それからヴァイキング路線で新たに開拓したムーンソロウから一枚。

カタメニアは「ウィンターナイト・トラジティーズ」
Perintö Pohjolanの合いの手を聞いて大爆笑。元気イッパイでいいな!
楽しいブラックメタル大好きだよ!
でもこのアルバムにはtuhat vuottaは入ってないんだな。ああ、入ってるヤツも欲しいなあ。

Finntrollは波が激しすぎます。
まったりとしたイントロ曲がありつつも、
En Mäktig Härはマンガ日本昔話のように素朴で楽しげで、けどアグレッシブで泣きたくなる旋律が胃の下がジンジンくる最高の曲だなっ。
この一曲だけで3000円くらいの価値はあるぜ。さすがは一部で唯一神認定されてるだけはあんなっ。

あと一曲一曲が短い割にはストーリー性を織り込んでるのはすごいなあ、密度が濃いなあ。

ムーンソロウのKivenkantajaはフルアルバムなのに曲数が6曲って!
でもその内2曲が10分を越える大作志向。
...しかしその分ずいぶん冗長な感があんな。
でもカッコいいからそれはそれで良い。

ただヴァイキングじゃないよね?
なんだろ、どっちかってーとウォーメタルとかそっちっぽいかもねえ。


でも総合的にかなり満足感の高い3枚だったな!買って正解だった!
そして次はバル=サゴスとAmon Amarthのアルバムもいい加減増やしたいな!

...ああ、ボクにもっとお金があったら...。
そしたらアルバム100枚くらい一気に買えるのに!!

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

わこ

  • メールを送信する
<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31