デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

助っ人かよ...

2006年08月20日 22:05

俺が童貞を捨てたのは遅かったと思う。
大学2年に成り立ての5月だった。
女の裸といえばAV女優のみ。
風俗に行く金なども無かったし。
しかも、子供みたいな風貌だったせいか
同年代の女性からは全く相手にされなかった。

そんな俺の最初の相手は4月から部に入った
マネージャーだった。
お世辞にも可愛い訳でも無く、女っぽい訳でも
無いが、その分こちらも気を使わずに済んだ。
彼女も「先輩、先輩。」と慕ってくれて
仲のいい友達の様だった。

忘れもしない5月の初め、ゴールデンウィーク
誰も来ない部室で筋トレをしていた夕方に、
彼女が部室にひょっこり来た。
最初は、
「暇だから大学に遊びに来た。」と言っていた
彼女だったが、話している内に何だか
俺の下宿に行きたい、と言う事に。
鈍感な俺は(何しにくんのよ?)と思ったが
取り合えず、トレーニングが終わったらええよ、
と答えた。

トレーニングが終わり、下宿に向かう間も
彼女は普段と変わらずに話しをする。
近くのコンビニで買物をして下宿へ。

俺は部屋が散らかっているのに気付き慌てて
掃除をすると、彼女もいっしょに掃除を。
「先輩、シャワーしてきなよ。」
と、俺がシャワーをする間、彼女は掃除を
していた。

俺がシャワーから戻ると、もう19時を回っていた。
部屋に入ると彼女テレビを見ている。
何を見てるの?と聞くと
「先輩、こんなの毎日見てるの?」
と唾を飲み込みながら逆に質問する彼女

げっ!うわ、見るな!
と叫んでも遅く、画面には当時大人気だった
AV女優小林ひとみさんが喘いでいた。

俺は男友達秘密を見られた様な感覚で
恥ずかしかった。


あーいつも長くなる。
明日また書きます。
文章って難しい...

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

HAL

  • メールを送信する

HALさんの最近のウラログ

<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31