デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ヘルス嬢

2006年08月27日 10:35

俺はルミに逢ってるのが楽しくて通い始めていた。
本番行為ご法度ヘルスであるから、
裸で抱き合っているだけで満足してフェラをしない時や、
ルミを指でイカせて彼女性欲を満たすだけの時もあった。

だが、ヘルスの料金は小遣い性の俺には高い。
月に2度3度も通うと金が尽きる。
数ヶ月経ったある日、
ボーナスが出るまでは、後3ヶ月ぐらい来れないよ、
とルミに告げると
サラリーマンだもんね、ハル君。」と残念そうに言った。
その日も15分添い寝の無料延長の後、二人で服を着ていたら
急に、後ろから耳を引っ張る。
イテェ!何よ、と振り向くと、\20,000を差し出している。
「ハル君、是で来週もヌキに来なさい。」と命令口調
俺が慌てて
あかんよ、ルミちゃんの稼ぎじゃん。貰えんよ、ほんなん。
と押し戻した。

ルミは膨れ面をしていたが、じゃあ、とVIPメンバーズカードを差し出した。
確かそのカードも、有料な筈だが。
「これ、奢り。指名料要らなくなるから。それと、これもあげる。」
金色に輝くカードとルミの名刺を差し出した。

名刺なら最初に貰ったのがあるよ、と言うと
「裏、裏見て。携帯番号と、メルアド。それと家の住所。今度ゴハンしよう。」
俺が呆然としていると。
勘違いするなぁ。同伴システム無いの、ヘルスは。
気に入ったお客さんにはしてるの。」
と言った後、
昼ごはんと夜ごはん、いっしょに食べたいじゃん。奢るよ。」
と、俺の肩を叩いた。

その週の金曜日、俺は、出張で泊まり、と嫁さんに嘘を付き
ルミのマンションに向かった。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

HAL

  • メールを送信する

HALさんの最近のウラログ

<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31