デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

学生の時...の続き

2006年08月18日 20:26

女は号泣しながら抱きついて俺をなじり続けた。
何の事やらさっぱり判らぬまま俺は困っていた。
こちらの騒動に気が付いたグループの男2人が
慌てて走ってきて、女を俺から引っぺがした。
男達は俺に一言も言わず女を連れ去った。

何だよ、あれは...
酔っ払った女の行動より男達の態度に腹が立った。

暫く仕事をこなしていると、さっきの女が復びやってきた。
俺は相手をしたくなかったので無視していると、女が急に手を引っ張った。

「何無視してんのぉ。判ってるよぉ、◎◎じゃないでしょ。ごめんねぇ~。」
と言うと腰砕けに座り込んでしまった。

その状態で俺は彼女愚痴に付き合わされた。

年下の彼氏に今日いきなりフラれた事。
その彼に胸が小さい女は嫌と言われ喧嘩をした事。
結局、巨乳の女と浮気していた事。
等など...

一通り話したら、女はトイレに連れてけ、と
ヨロヨロ立ち上がった。

俺は彼女トイレに押し込み、そのまま外で待った。
すると、彼女トイレの中から
「終わったけど、立ち上がれない~!」
と叫ぶ。
もういい加減にせいや、と思いながら戸を開けると、
彼女の尻は便器に嵌まっていた。
立てない筈だ便座をおろさずに座っている。

笑うとまた騒ぎ出すのが嫌だったので、
抱きかかえて立たそうとした。

でも、彼女は腕を俺の首にまわしたまま立ち上がらない。

どうしました?大丈夫ですか?と俺が聞くと
女は行き成り、俺の手を自分の胸に待って行き
「小さいかなぁ?やっぱり...どう?」
と聞いてきた。

俺は女性の胸に触れるのは初めてだった。
小さいも何も、その柔らかさに感動していた。
だいたい初心者の俺に大小が判る訳も無い。

「ちゃんと触ってよ、小さいでしょ?」
女は泣いていた。

俺は、
ごめんなさい、俺初めてなんで、良く...
でも、柔らかくて気持ちいいっす。
と訳の判らん回答していた。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

HAL

  • メールを送信する

HALさんの最近のウラログ

<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31