デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

イライラ梅雨空の様な試合

2013年05月30日 08:09

イライラ梅雨空の様な試合

阪神和田監督イライラ爆発!3度満塁も完封負け

スポーツ報知5月30日(木)7時3分配信
阪神和田監督イライラ爆発!3度満塁も完封負け

福家球審(右)の三振判定に和田監督が猛抗議

 ◆交流戦 阪神0―2楽天(29日・甲子園) 血相を変えるのも無理はない。ベンチを飛び出し、和田監督が口角泡を飛ばした。1点を追った7回2死、鳥谷が空振り三振と判定されたシーンだ。ハーフスイングと同時に、青山スライダーが左足甲に当たった。

 拙攻続きのイライラが爆発したように、福家球審と胸を突き合わせた。スイングしたかどうか、微妙なジャッジに対し、3分あまりの猛抗議。「死球なら流れが変わった? そらそうや。4番につながったわけやから」。試合後も目をつり上げたが、肝心の兵が踊らなかった。

 「8つかな? 四死球は。1本出れば大量点。そういう試合にしなきゃいけないけどね」。楽天の戸村が制球に苦しみ、労せずしてチャンスをもらい続けた。初回2死満塁で新井良が三ゴロ。4回2死満塁では、西岡が二ゴロに倒れた。

 打撃好調の1番打者は2回2死二塁でも左飛。「ミスショットでした」と肩を落とし、負の連鎖は止まらなくなった。5回には1死から3度目の満塁機をつくったが、再び新井良が遊ゴロ併殺。スタンドから大きなため息が漏れた。

 福留の長期離脱が決まり、抑えの久保も2軍に降格した。チームの底力が問われた試合で残塁11の拙攻。今季7度目の完封負けを喫してしまった。首位の巨人敗戦。2夜連続で、ゲーム差を詰めるチャンスを逃した。

 和田監督は「反省点の多いゲームだけど、思った通りにはいかない。バタバタする必要はない」と会見を締めくくった。星野楽天に連敗し、交流戦は2つの負け越し打線強化として、西武からトレードで加入した高山が30日に1軍に合流する方向だ。貯金は8つも残っている。まだ焦る必要はない。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31