デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

たいした者です!

2013年05月27日 08:21

たいした者です!

阪神】藤浪、甲子園不敗13戦12勝!大谷には「オーラあった」

スポーツ報知5月27日(月)7時3分配信
阪神】藤浪、甲子園不敗13戦12勝!大谷には「オーラあった」

7回1失点で4勝目を挙げた藤浪

 ◆交流戦 阪神7―1日本ハム(26日・甲子園) 日本ハム大谷が、阪神・藤浪から2本の二塁打を放ち、プロ初対決を3打数安打で制した。聖地甲子園でプロ初の5番に座り、走攻守で活躍して野手大谷も改めてアピール。腰から背中にかけての張りで5日以来の1軍復帰となった藤浪に7回1失点で4勝目を許したが、黄金ルーキー直接対決は完勝した。

 呼吸を整え、ライバルの登場を待った。2回無死二塁。藤浪は大谷を「1人の打者として、普通に抑えることを考えた」。最初の対戦は内角に食い込むカットボールで、左飛に詰まらせた。

 走者なしで迎えた4回の第2打席、6回の第3打席。いずれも二塁打を浴びた。「ホームランにならなくて良かった。得点につながらなかったので」としたが、変わった大谷に気付いた。「雰囲気があったし、バッターボックスで非常に大きかった。オーラとかスイングもプロの選手だと思った」。

 初めて顔を合わせたのは昨年のセンバツ開会式リハーサル。2ショット撮影では「大谷君の笑顔の奥に、怖いものを感じた」。しかし半年後、ともに日の丸を背負ってU18世界野球選手権韓国)を戦い分かり合った。「すごく心がきれいでいいヤツだった」と、周囲にそう漏らすほど人柄にひかれた。そして、この日は野球センスに賛辞を送った。

 プロ初対決は大谷に軍配が上がったが、試合には勝った。「得点圏に走者を置いても粘れた」と、7回を6安打1失点で4勝目。背中から腰にかけての張りのため5月5日以来の1軍登板だったが、ブランクを感じさせなかった。

 高校時代から聖地甲子園での公式戦は13戦12勝、無敗記録も更新。今季最多の貯金10、首位の巨人に1・5差と肉薄させた1位右腕に、和田監督も「ゲームを作るのにたけている。勝ち方のコツを知っている」と、ただ舌を巻いた。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31