デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

楽しみですなぁ~

2013年05月31日 08:30

楽しみですなぁ~

オリックス井川古巣・虎狩りへ「和田監督を警戒」

スポーツ報知5月31日(金)7時2分配信
オリックス井川古巣・虎狩りへ「和田監督を警戒」

キャッチボールで調整する井川

 オリックス井川慶投手(33)が、31日の阪神戦京セラD)で今季初登板初先発する。昨年10月に左肘手術を受けた元メジャー左腕は、ほっと神戸で最終調整。今後の野球人生を左右しかねない古巣との初対決を前に、要注意人物に挙げたのは何とベンチに陣取る「敵将」だった。

 復帰戦の相手は、かつて自らがエースとして君臨した阪神になった。軽めのランニングを終えた左腕は、警戒する打者を聞かれると「一緒にやっていた鳥谷さん、桧山さん、関本さんくらいですかね」と答えたが、思い直したかのように急に語気を強めた。「やっぱり和田監督でしょ。現役当時、セカンドから自分の投球スタイルを一番見ていた人ですから。そこが一番のポイント」と、真顔で言い切った。

 和田監督とは入団2年目の99年から3年間、ともに選手としてプレーしたが、もう10年以上も昔の話。いくら近くから見つめていたとしても、現在の井川攻略には何ら役立たないはずだ。そんな敵将を「要警戒」としたのは、裏を返せば、左肘が完治した今なら猛虎打線なんて怖くない、という元エースの自信とプライドなのかもしれない。

 日本球界復帰1年目だった昨年は、左肘に不安を抱えていたこともあり2勝7敗、防御率4・65と散々だった。だが、今年はウエスタンリーグで1完封を含む3勝2敗、防御率3・79。「肘を気にせずに投げられる。去年の今頃よりいい投球ができると思う」と手応えを口にする。

 阪神時代は03年にMVP沢村賞を獲得するなど数々のタイトルを手にした。そんな男も、今年で2年契約が切れる。「当時の選手はほとんどいなくて別チームみたいだと思う。でも、楽しみは楽しみですよ」。崖っ縁の井川が、生き残りを懸けて虎退治に挑む。

 ◆オリックス井川のこれまで
 ▼12年 2年契約年俸2億円プラス出来高で3月にオリックス入団。12試合で2勝7敗、防御率4・65に終わり、同10月にシーズン中から不安のあった左肘の遊離軟骨と骨棘(こっきょく)の除去手術を受けた。
 ▼今年3月23日 2軍の阪神戦で実戦復帰し、先発で2回を無失点。
 ▼同4月17日 同・広島戦で5回7失点と崩れ初黒星
 ▼同4月22日 1軍練習に参加しブルペンで61球を投げたが、7割がボール球。西本投手バッテリーコーチから上半身が突っ込む投球フォームを修正された。
 ▼同5月1日 2軍の広島戦で9回5安打無失点。完封で今季2軍戦初勝利。
 ▼同10日 2軍の中日戦で6回を2失点に抑え2勝目。
 ▼同21日 同リーグソフトバンク戦で5回無失点と好投し3勝目。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31