デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

観月の宴もしくはお月見(^-^)

2009年10月02日 18:13

こちら神奈川
朝から結構な雨でした。
夕方になってようやく小降りになってきました。
明日は、どうでしょうねぇ(;´д`)





さて、本題の前に少しだけ。

なんでも知ったかぶりのムカつく奴とは、ある人の言。

え~っと(^^;
何でも知ってる訳ではありませんよ~(^^;

ただ、興味がある事を引き出しからだしてるだけなんです。
そして、それについての知識だって少しだけ知ってる程度なんです。
じゃあ、なぜそんなに詳しく書けるのか?
皆さんもそうだと思いますが、うろ覚えの知識をあやふやなまま伝えますか?
間違ってないか、確認すると思います。
私だって同じなんですよ(^^;
いい加減な事は書きたくないから、一応下調べをしてログを書いてます。

だから凄いわけでも何でもありませんからね(^-^)


では、本題です(笑)

明日になると「十五夜」ってタイトルが増えると思うので先に(^^;


今日は一日前で「待宵」明日が「十五夜
そして、次の日は「十六夜」
十六夜と書いて「いざよい」です。

なぜそう読むのかは解りませんが、私は「いざよい」って響き好きです(^-^)

今年は、十六夜が満月になるそうです。

十五夜中国中秋節が日本に入ってからの風習なのだとか。
中国では丸い月=円満。縁起の良い物。
だから円卓を囲んで月餅を食べて幸せを願うお祭り


そして、日本では元々月を愛でる風習があって、それと中秋節が結びついて十五夜になったらしいです。


中国では月餅ですが、日本ではちょうど収穫の里芋を月に見立てお供えした。
それが、月見団子に変わっていったそうです。
だから、十五夜の名月を芋名月とも言います。


では、元々あった月を愛でる風習は?

それが、旧暦の9月13日。「十三夜」になります。
今年は、10月30日ですよ。

こちらは、栗や豆の収穫時期と言うことで、お供えは栗と豆。
だから、「栗名月」「豆名月」と呼ばれます。

昔の雅な人のお月見。
それが、観月の宴です。
月を直接、鑑賞するのではなく。
池に映る月。
盃に映る月。

おぼろげに、でも手に届きそうな月を愛でたようです(^-^)


見上げる 月も 良いけれど

貴方と私と名月の

三人だけの密か事。


明日は、グラスを三つ用意して月相手に寛ぎましょうか(^○^)


その前に、明日の晩は雲が切れる事を期待しましょうか^^

このデジログへのコメント

  • miki 2009年10月02日 23:50

    > 愛菜さん
    月見団子の代わりに月餅でも供えましょうか^^

    私はたまに食べるくらいが丁度良いかな。
    甘さが結構来ますから^^;

    あ。でも重慶飯店のココナツレーズン月餅は好きでした

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

miki

  • メールを送信する
<2009年10月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31