デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

かつて竜馬は かく語りき

2016年09月09日 13:06

かつて竜馬は かく語りき

kissは20歳の頃…
………………遅い?

医者サンが終わって
コレから北千住行って
午後は病院へ向かう
バタバタバタバタ (^_^;




DVDで『スーパーガール』を観る。
アメコミらしい伏線の張り方がgood♪


ゲストや脇役と思っていたキャラクターが何度も登場しては、話を掘り下げ因縁を結んでゆく。


個々のキャラクターの掘り下げも抜かりなく、スーパーガール超人ゆえに恋もままならぬ身の上に悲嘆する。


油断してハグすれば相手の背骨を折りかねない人間離れ(当たり前)した怪力って、うら若き乙女にはありがたくはない(笑)


もっとも、これは匙加減が難しい。話に深みは増すが、やり過ぎると暗くなる。


アメコミの『スパイダーマン』がよゐ例で、主人公の苦悩を前面に押し出したばっかりに、迷走に迷走を重ねた。




かくの如く、フィクションでさえ人生は難しい。況んやノンフィクションでは尚更。



かつて、坂本竜馬は云った。人生は
イチジョウ
一場の芝居だというが、芝居とちがう点が、大きくある。
芝居の役者のばあいは、舞台は他人が作ってくれる。
なまの人生は、自分で、自分の《がら》に適う舞台をこつこつ作って、そのうえで芝居をするのだ。
他人が舞台を作ってくれやせぬ。



竜馬がゆく(二)風雲篇』「海へ」の章ヨリ

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

ウルトラ7

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30