デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

お宮参り

2013年06月03日 22:38

お宮参り

朝から行って参りました。
ここ数年、僕が自分のことで神仏にお祈りする際は常に、
「性に悩める女性達を癒すため、この体を存分にお使い下さい」
と申し上げています。
今日もそんな感じで本殿へのお参りが終わり、橋を渡って振り返った時、
こんな天の声が聞こえたような気がしました。

「ただ在ること、それだけを心懸けよ。
前世からの苦しみを負った魂は、おまえの小手先の技でどうにもなるものではない。
そんな考えは捨てて、ただその人の隣に在り、おまえの源でその人に接するのだ。
いかなる結果が出るのか、それはやってみなければ分からない。
しかし、おまえに出来ることはそれだけなのだ」

***

境内の外に一人の托鉢僧が立っていました。
用があるのは神社だ!ということで、いつもなら目も呉れないのですが、
どういう訳か今日は気になって仕方がありませんでした。
一度通り過ぎて引き返し、硬貨を一枚鉢の中に入れて合掌したところ、
お坊さんが何か呟いて、右肩を撫でてくれました。
それだけのことでしたが、二・三歩歩いて何か熱いものがこみ上げて来て、
また天の声が聞こえました。
「この右手は人を癒すためにある。叩いたり殴ったり、そんなことをするためにあるのではない」。

***

お参りして霊感に打たれたアダム先生と違って、霊的には随分鈍感に出来ていると思っていましたが、
その僕でも何かを感じ・受け取った。
転機が来ているのかも知れないと思った次第です。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

セ.ッ.ク.ス.セラピスト長崎

  • メールを送信する

セ.ッ.ク.ス.セラピスト長崎さんの最近のデジログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30