デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

モーツアルト

2011年10月14日 11:53

モーツアルトは、オレは作曲家だと思っていない。変換器だ。コンバーターだな。見るもの聞くものみんな音楽に変換してしまうコンバーターだ。

風の音を聞けばシンフォニーに、人の声を聞けばオペラに、ひそひそ声はカルテットに。あらゆるものが音楽に、5線譜になってしまう。作曲で苦しんだということがない。ベートーベンみたいに5線譜に推敲の後がまったくない。手直しがないのだ。完成して出てくる。

天才かと言われれば天才だろうし、オレは天才と言うよりむしろ奇形だと思っている。たぶん、まづ、人とは協調できないはずだ。これは芸術家一般に言えることだが、協調性はほとんど皆無だ。独創を商売とする芸術家協調とはちゃんちゃらおかしい。

当時は、芸術家が生息できる状態はパトロン、日本風に言えば大名だが、宮廷楽団か教会に入らなければ食っていけない。あのバッハもそうだしハイドンもそうだ。父親のレオポルドは宮廷に職があった。モーツアルトは宮廷や教会ケンカしてフリーターになった。ベートーベンフリーターだが、ゴッホと同じくできのいい稼ぎのある弟が面倒見てくれた。

モーツアルトシューベルトはそういう支援者がいなかった。持っているカネがつきれば餓死した。

モーツアルトシューベルトには餓死はたいした問題でない。

競走馬は死んでも走り続けると言うが、あれと同じだな。死んでも繭を吐き続ける。

もっというと、音楽に変換するしか能がなかったと言うことだ。こういう者が他人と協調できるわけがない。フリーター餓死するのがオチだ。

後世は音楽の神様とあがめ奉るが、まことに勝手なハナシだな。

日本中にフリーターで蛾死する連中がごろごろいるが、残念ながら彼らは奇形でない、協調性ある非常に健全な人々だ。追い込まれて仕方なくフリーターになった。

こちらの方が悲劇だと思うが、あなたはどう思う?

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する
<2011年10月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31