デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

瓦礫の月さんの11月のウラログ一覧

  • 硫黄山の秋は過ぎ....

    2006年11月17日 15:40

    噴煙上げる岩影に、 温泉たまごを 売っていたのは.... やくざ屋さん だったか、 やけに高いと 思っていたが、 国立公園の敷地内 無許可でゲリラ的に 売っていたが、 敷地内に入れろ、 入れない... 続きを読む

  • ひとつ.....

    2006年11月16日 19:50

    ...........な ...........が ...........り の 一連の ひと.......つ ...........り ...........の ...........い ..... 続きを読む

  • 普段でさえ心にふれる

    2006年11月15日 00:30

    琴線に触れる 人は、そうは居ない のだから... 出会い系と いっても、 出会い系だけが いい人がいる という訳でなく、 出会いたい 人はいるのだろうが、 実際に 逢った所で、 もう帰る理由を ... 続きを読む

  • 煎餅を食べいるのか

    2006年11月14日 01:30

    チップスなのか... 成分表を見ると、 うるち米、 ばれいしょ澱粉、 タピオカ澱粉、 とうもろこし澱粉... スナックの全種類を 一度に 食べているような 安物のせんべい... のうす焼き、 ポ... 続きを読む

  • 階上を歩く足音の...

    2006年11月13日 01:20

    木造三階建ての床、 二階の部屋の天井の 物音... ざらついた床の スリッパを引きずり 襖を開ける音... 閉める音、 二階に響いて 重苦しく... 息をひそめ 静まるのを待っても、 今度は階下... 続きを読む

  • 階上三階のどこからか

    2006年11月12日 12:20

    聞こえて来る DEEP PURPLEのくぐもった声..... JAPAN LIVE の 何かか、曲の並び、 繋がり具合が... それにしても、 ひどく単調な民族 部族音楽を聞く様な... 遠くか... 続きを読む

  • 峠を越えて、週に

    2006年11月11日 01:50

    何度か 八百屋のトラックが 売りに来る。 生鮮食品、日配品を 旅館部の方へ 納品がてらだろうが、 正面の庭に トラックを乗りつけて、 幌を巻き揚げて 自炊客には うれしい葉物、卵 豆腐、旬の果物... 続きを読む

  • 火鉢の鉄瓶をのけて

    2006年11月10日 00:20

    昨夜寝る前に、燠火に かけて置いた灰を 払い... 顔を寄せ 息を吹き、まだ 薄暗い部屋の闇に、 炭の赤く、 息をふきかける 勢いに応じて... ぼうっと赤く 火鉢の廻りが明るく 朝焼けの闇に.... 続きを読む

  • 部屋に通され...

    2006年11月08日 00:00

    案内されてゆく 一団の人達の 声の高く... 先を行く父の声、 従う母と子供達 年寄りを気遣う 母の声... 階段の 段の手摺りの 一段、一段... 上がって来る 気配の 部屋に聞き 寝転んで、... 続きを読む

  • 梅の実を飼料に混ぜて

    2006年11月06日 01:50

    育てた豚の肉の さぞかし 芳ばしいでしょうよ。 紀州和歌山の 南高梅...豚 それを言ったら 毎日、毎日 ビールを呑ませ、 世界の珍味、食材 バジルで香をつけ 食べている さんま、とろ かつおの... 続きを読む

  • その蛍光灯さえ時代物の

    2006年11月05日 19:00

    物音を直管が二本 平行に並んだ... 天井の闇から 不気味に下がり ジージーとおかしな物音を しきりに立てて、 飛びまわる蝿、 肥え太った蜂の羽音と 聞き違う様な 図太い羽音... スイッチの紐... 続きを読む

  • スリッパを引き摺り

    2006年11月03日 01:10

    ペタペタと歩いて行く 足音を............ よく 夢に見て、 増築に増築を重ねた 温泉旅館の 木造の 三階建て 私達は二階の部屋で 階上から響く足音と、 襖越しの二階の廊下 階下にくぐ... 続きを読む

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

瓦礫の月

  • メールを送信する
<2006年11月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30