デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

火鉢の鉄瓶をのけて

2006年11月10日 00:20

昨夜寝る前に、燠火に
かけて置いた灰を
払い...

顔を寄せ
息を吹き、まだ
薄暗い部屋の闇に、

炭の赤く、
息をふきかける
勢いに応じて...

ぼうっと赤く
火鉢の廻りが明るく
朝焼けの闇に...

マッチ売りの少女みたいに
頼りない赤みの
生命でもある様に、

薄れてゆく
火の
見つめて...

息をかければ
赤熱して
蛍の火の様に

頼りなく
薄れて
消えかけて...

つこうとして
つかない炭火に
つぎ足して

ぱちぱちと、
新しい炭の
まばゆく...

息を吹きかけた
時だけは、
はぜる火の

新聞紙でも
たきつけてみるか、
割り箸を折り、
紙をちぎって、

たきつける火の
部屋中にたちこめる
煙を気遣い...

朝の湯を沸かすのに
お茶になるまでに、
それだけの手間が楽しい

鉄瓶をかけ、
その辺、灰だらけの
部屋の...

ようやく明かるみの
増した部屋に
火が起こり...

朝湯にでも
行って来るか、
生乾きのタオル...

インスタントコーヒー
シールを剥がすのが
楽しみの男

EXCELLAの
それは昨日剥がしたか、
一昨日だったか、

廊下を歩く人の声
朝風呂へ行く
のんびりした足どり、

早発ちの人でなく、
その足どりで
間のびした...

浴衣がけ
鼻歌の聞こえて
きそうな...

酔いさまし

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

瓦礫の月

  • メールを送信する

瓦礫の月さんの最近のウラログ

<2006年11月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30