デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

硫黄山の秋は過ぎ....

2006年11月17日 15:40

噴煙上げる岩影に、
温泉たまご
売っていたのは....

やくざ屋さん
だったか、

やけに高いと
思っていたが、
国立公園の敷地内
無許可ゲリラ的に
売っていたが、

敷地内に入れろ、
入れないの押し問答
の挙げ句、ワゴン車に
5000個のゆで卵か、
生卵が積んでいたとか

その一個を
食べたかどうだったか..

溶岩台地
すさまじく荒れた地、
一本の草も生えない
数年、数十年の時を隔てて森の尖兵、
やせた地に白樺
黄の
枯葉の降りしきり
散り敷いた硫黄山の
黄葉....

その病院の裏口を
通りかかると、
今の季節
焼き芋の店が並び、
秋風に、焦げ臭い
甘い匂いの湯気と
せつない笛の音が聞こえ

来る日も、来る日も
その病院を通りかかる度
その日除け傘の
パラソルの下、
その出口の舗道の
敷地内か、敷地外の
公道か.....

雨の日は休みか、
そのやくざ屋さんか...
年寄り
おじさんか、おばさん
どちらか見かける
晴れた日は

雨の日は
誰もいない病院の
出口.....

硫黄山の秋を、
舗道の
枯葉に想い....ながら

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

瓦礫の月

  • メールを送信する

瓦礫の月さんの最近のウラログ

<2006年11月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30