デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

階上を歩く足音の...

2006年11月13日 01:20

木造三階建ての床、
二階の部屋の天井の
物音...

ざらついた床の
スリッパを引きずり
襖を開ける音...

閉める音、
二階に響いて
重苦しく...

息をひそめ
静まるのを待っても、
今度は階下の住人...

一度だけ、
三階に昇ったが、
同じ造りで天井が低い

廊下を真ん中にして、
両側に襖の並んだ
客室が並び...

何と昇る狭い階段が
あるから、その上
四階もある事になる。

庭から見ると、
三階の屋根に明かりとり風の低い屋根が
ついていたから
そこへ通じているのだろう。
布団部屋、
物置、日本風のロフト
屋根裏部屋とでも....

昇った事はない
昇らずにとって置く
秘密の部屋....

増築増築を重ねた
旅館の
物見やぐら...

執拗
木造旅館の構造に
こだわるのは....

人間の心理構造
階下の欲望
階上の監視
さらにその上の
上部構造.....

云うならば超自我
誰もみだりに踏み込めない屋根裏の風だけが通る
空白の部屋......

通じている
狭い階段だけを、
暗がりに見た.....

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

瓦礫の月

  • メールを送信する

瓦礫の月さんの最近のウラログ

<2006年11月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30