デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「ウルトラヴァイオレット」レビュー☆

2006年06月23日 01:23

「ウルトラヴァイオレット」レビュー☆

5/10点!!ミラ・ジョヴォヴィッチ主演。この闘いが終わるまで、君は死なせはしない。近未来、人工的ウイルス感染し驚異的な身体能力と知力を備えた<ファージ>と、彼らの反乱を恐れ、撲滅に乗り出した人間政府との激しい闘いが繰り広げられていた。政府が開発した最終兵器を奪うべく、送り込まれた<ファージ>最強の殺し屋ヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)はその兵器の正体が9歳の人間の少年だと知った時、すべてを敵にまわしてでも彼を守ることを決意する。タイムリミットは8時間、向かい来る700人の人間政府を相手に、ヴァイオレットの壮絶で孤独な闘いが始まった―。初SFアクション体験です。原作のアメコミとかあるのかな?ストーリーとかとにかくアッサリしててシンプルな感じ。音楽と映像は良かったけど、もっとシンプルさと精鋭さを追求した方が良かったような~?ストーリーアクションがどっちかに絞った方が良いです。ミラのパープルヘアキラキラしてて可愛かったです。でもアクションはやっぱり男優サンには敵いませんね(>_<)タイムリミット8時間の危機感は全くナシ。2006年公開。

このデジログへのコメント

  • GRAY 2013年05月18日 23:19

    SFを知らない監督が作ったSFそのもの。
    SFファンとしては、駄作としか言えません。

  • ユリ 2013年05月19日 00:05

    > GRAYさん
    私はSFが苦手なので、これはわかりやすかったかも。絶賛されてるSFって設定が細かくて、時代とか舞台も複雑でよくわからなくなってしまうんです(^^;)

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

ユリ

  • メールを送信する
<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30