デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

くどくをつんどく。

2018年09月29日 21:09

くどくをつんどく。

「埋葬もどき」
……とでもいうべきものを、私は、ずーっと続けております。
幼き頃から、四十路のおっさんたる現在に至るまで、ずーっと。

私の住む奈良県橿原市は。
奈良県内では都会の部類だとは思いますが、まぁでも田舎です。
緑豊かです。山も丘も川も池もあり、アスファルトではない土の地面が、
あっちこっちに多数、広く、見られます。

とはいえ。
もちろん、ちゃんと舗装された道路も通じていて、
少ないながら車も通っています。
……中学部活では、車道に広がってラジオ体操やってましたがね。ふ。

で。
最近は見なくなりましたが、昔は時々、野良猫が車に轢かれてたんですよ。
川のそばだと、のそのそ出てきたのであろう亀が、グシャリと潰れてたり。
道路の上、アスファルトの上で、です。

そういう時、私は。
朝の通勤途中などの、急いでいる時でなければ、足を止めます。

そして。
近くにいい場所があれば、道路から離れたところ、雑木林の奥などに。
そういうのがなければ、とにかく道路からは目につきにくい茂みの中、木の陰などに。
とにかく「土の上」まで骸を運び、そこに置きます。

そして。
その場で、軽く黙祷などして、去ります。
穴を掘って埋めるとこまではしてないので、埋葬「もどき」なわけです。
川のそばなら、川に投げ入れますので、水葬になりますけどね。

猫や亀の他には、大きめの虫。
セミやバッタカマキリ辺りも、路上で潰れてるのを見かけたら、同じようにしてます。

やっぱり、ほら。
長~い期間、路上放置できれば、いつかはアリやハエがたかってくれるでしょうけど。
人通りがある場所だと、何日と経たず掃除され、ゴミ捨て場を経て、処理場送りです。
それよりは、彼の彼女故郷で、大地に、河川に、還そうと。

土の上なら蟲のエサに、川の中なら魚のエサに。
あるいは、風雨に晒されて崩れて分解されて、植物の栄養に。
どうあれ、自然の輪の中へと。

その方が、彼も彼女も浮かばれるであろうと。
そのように思い、そうしております。


ほいで。
そういうことを、何回も何十回も何年もに渡って、続けていれば。
他者の成仏を助けるという、尊い功徳を積んでいれば、ですね。

いつの日か。
私が死んで、地獄に落ちた暁には。

きっと。
私の頭上に、どばーっと、まるで夜店のくじ引きのように、
大量のクモの糸が……いや、クモは相手にしてないから……だから多分、
釈迦様が特別に発注したロープかなんかが、垂れてきて。

私は悠々と、天国へ昇れるってぇわけですよ。


どーです!
自分の死後までも考慮に入れた、この壮大な計画。
我ながら、なんとスケールの大きい男であることか。わっはっはっ。

このデジログへのコメント

  • はぎんちょ 2018年09月30日 01:33

    うちも、家の前で野良猫が車に轢かれて
    死んでしまいました

    でも、犬や猫ぐらい大きくなると
    自分達で触ることができず
    保健所に電話して、処分してもらいました(;_;)

  • けーでぃー 2018年09月30日 21:54

    > はぎんちょさん

    わかります。普通はそうですよ。

    昔、広げた手の平いっぱいぐらいの、大~きな亀が潰れてるのに出くわしまして。
    川辺だったので投げ込みましたが、なかなかの迫力でした。流石、田舎。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

けーでぃー

  • メールを送信する
<2018年09月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30