デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

エイズはインチキだった

2017年05月11日 15:03

エイズはすべてインチキだった』

世界中の著名な医師や細菌学者告発しています。

ワクチン接種を多く受け受け、
体内に抗体が多く造り出されると
エイズ検査で陽性と診断される。


心に青雲さんのサイトがうまくまとめてくれています。

2013年12月31日
エイズ真実」の驚愕
http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/383990867.html

<抜粋>

エイズはすべてインチキだった、と。
フランス人医師エチエンヌ・ド・アルヴァン氏が説明している。
https://www.youtube.com/watch?v=4CtfXYKdk84


エイズウイルスのウソ』
こちらはオーストリア生物学者クリスタルマイヤー女史のインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=kJLr3gfNcqc


インフルエンザワクチンがHIVテスト陽性の原因となる。

なぜなら、いかさまのHIV検査は、ただ血液中の抗体を見つけるだけなのだ。
だからインフルエンザワクチンを接種すれば抗体ができる。
それを検査で見つけているだけだと、ド・アルヴァン医師も説いている。
動画から少し書き起こしてみた。

* *

医学において、ある何らかの病気の原因がウイルスであると断言されるとします。

この仮定に基づいて25年間、この病気に関してあらゆる研究が行われ、
25年間の研究の結果いかなる治療法も見出されず、疫学的予言も実現していません。

効果的なワクチンは1つも作られていません。
この3つの状況で、最初の仮定が間違っていたとは思えませんか? 
エイズを別の見方でとらえるべきです。 

HIV陽性とは患者の体内の抗体の割合の推定です。

人々の頭から注意深く消させるべき考えは、「HIV 陽性」があの有名な
レトロウイルスの存在を示すという考えです。

それは全くの間違いです。
エイズ検査はELISAテストで行います。
抗体の割合を測る検査です。
何の抗体の量か? 
それはあらゆるものに対する抗体です。

HIVと呼ばれるレトロウイルス主張されるものに対する
特異的な抗体の割合ではないのです。
ですから公衆の頭にある巨大な誤りを訂正する必要があります。

この措置でウイルスの存在が証明されるという考えです。

これは全くの嘘です。

単に抗体の存在を示すだけです。
これらの抗体は極めて多様な異種タンパク質の存在への反応です。 * *

 
これって何さ? である。
エチエンヌ・ド・アルヴァン氏は、エイズ伝染病ではないと断言している。
 そもそもウイルスが存在しない。
研究者の誰もHIVウイルスを見たことがないというのだ。
 
エイズが話題になりはじめたころ、同性愛者麻薬常習者が主にかかるとされたが。
これは性感染症だから、やがて誰でも感染し、治療法がないから世界中の人が
エイズになるとまで脅された。

実はそんな証拠は一つもなかった。

私も、まさかHIVウイルスがないとは思わなかったので、
エイズ感染症なのだろうが、ならばなぜ世界中ごまんといる娼婦たち
感染しないのだろうかと疑問に思っていた。

エイズが本当に怖かったら、娼婦は商売をやっていられまい。
だから今もこの人類最古の商売は続いている。
ますます繁盛と言っていいだろう。
つまり、このことからもエイズ性交渉を通じて感染しないのだ。


HIVと呼ばれるウィルスが、AIDS
(後天性免疫不全症候群)と呼ばれる疾患の
原因であるとする説明は、医師を含めた多く
の人々によって、証明済みの科学真理
あると受け止められて居ます。しかし、
本当にそうなのでしょうか?

驚かないで頂きたいのですが、欧米には、
この「定説」に疑問を投げ掛ける科学者
多数存在します。マスコミが報道しない
ので、皆さんは知らないと思ひますが、
本当に、沢山居るのです。

そのほんの一部の中に、1993年にノーベル化学賞を受賞した
世界的生化学者のマリン博士なども含まれています。

これらの懐疑派の科学者の中で、現在最も有名なのは、
カリフォルニア大学分子生物学者であるピーター
デュースバーグ教授と思はれます。

1.AIDSは一つの病気ではない。

2.HIVはAIDSの原因ではない。

3.AIDSの原因の一つは、AIDSの
  治療薬として患者に投与されて来た
  AZTである。

と言った主張を展開して来ました。



●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる 

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。

食菌した白血球は、
薬の成分で白血病細胞に変わっていきます」

なんのことはない。
投与する治療薬が、白血病を悪化させている。

人間に投与される・・痛み止めや解熱剤、抗生物質抗がん剤
これらが、本物のガン・白血病をひき起こしている可能性が濃厚です。

エイズも全く同じ原理で、免疫不全をひき起こすことが分かりました。
世界の著名な医師や細菌学者研究者たちは、その真相に気づいた。
25年も研究し続け、エイズウィルスが存在しないことを発見した。

エイズ白血病も 巨大なサギ である。

エイズ感染するとして、性的接触は著しく減少し、そして、その結果として
妊娠も減少し、人口削減に多大に貢献することとなった。
エイズ報道は、広告会社によって作り上げられたデッチあげのプロパガンダだ。

2014年に開かれる予定だったエイズ学会には、世界のエイズ研究者
これらのエイズの真相について議論~告発する極めて重大な会議だった。
しかし、100名にも及ぶ研究者たちは全員殺されてしまった。

このデジログへのコメント

  • ☆mina☆ 2017年05月12日 07:27

    エイズは人間が作り出した、病気ってわけですね!

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する
<2017年05月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31