デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

何か立ち止まった時好きな場所で思い出そう

2009年08月21日 21:53

何か立ち止まった時好きな場所で思い出そう

たくさんのご返事と
たくさんのメッセージありがとう
僕のほうこそ返事ができなくてごめんなさい
ポイントが足らないので
今は一人一人に返せないけど
ここで感謝の気持ちを伝えます
本当にありがとう

今日はそれぞれが何か立ち止まって
無口なまま何かさびしさを重ねているとき
こんなことを思い出してほしい
そんなことを書いてみます

今の僕やこれからの僕がこのままで
いいのかって悩んだ時
いつも思い出す場所があります

それは学校です

以前にも少し書いたことだけど
僕は絵が好きでその時感じた絵を
書くようにしてました

人からは存在しない絵にもみえるものだけど
目でみるものは全てじゃないって
おもってるから
複雑な感情からうまれる人の想いとか
その感性を大事にしてるつもりです

だから毎日目にする人の姿に涙することだってある
人は誰しも問題をかかえている
だから人の悪口も過ちもそれが運命だって
言い訳っぽく聞き入れることもある

だけど僕はその感性に傷をつけることが
嫌いだった
僕の絵を嫌いに思ったある教師がいた

僕はその教師に絵を水で洗い流される
衝撃を経験した

それから絵を描くことが嫌いになった

そして2年が経って

そんな嫌なことから抜け出せる
大切な人に出会った

あなたの描く絵や技法はすばらしいと褒めて
くれた

その時僕は好きなことをしている意味に
間違いがなかったことを知った

そしてのその人は最後の僕の恩師だった

卒業前にその人からこう言われた
絵でプロを目指すのはやめてほしいと

何故か分からないってずっとそれからも
考えていたけど
卒業して6年が経ったある時
恩師の死を知らされ初めて気づいた

好きなものこそ大事にしなければいけないってことを

だから、今もそれを大事にしている
お金や仕事が夢の達成とはいえない

人に感動させることは全てがプロの世界ではない

何かに悩んだ時僕は学校の校舎を思い出す

涙が出てくる校舎を思い出す
あそこには僕を支えてくれる大事なものがある

どんなに辛い日々があっても小さな仕事であっても
単純だって言われる事さえも
世界を動かす大事な存在であることは
間違いない

がんばれ

僕は応援している

泣きたい時一人でそう思った時明日きっと良いことが
待っている

じっと見つめる好きな場所はあなたを見ている
きっとあなたが幸せな日々を迎えられることを
見ている

何かに立ち止まった時好きな場所を思い出そう
運命はそうなってしまうもの

だからこそ、あなたはあなたでいてほしい

最後に僕が好きな曲を書きます

「傷つけた人々へ」
尾崎豊

知っている人も知らない人もよかったら
一度聴いてみて下さい

きっと、ありがとうって
素直に言える自分をみつけれるでしょう

僕も素敵な人に出会えたとき
ありがとうって言いたい

ご返事待ってます

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31