デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

心理的ホロコースト

2009年11月19日 10:31

ホロコースト・・・
あまり聞きなれないかもしれないけれど
ナチスドイツが行った大量虐殺を主に
さす言葉です。他の大量虐殺でも
使われる事があります。

現代社会法治国家では
民主主義だろうと共産主義であろうと、
実は心理的にかなり強制的に「秩序」
「教育」されます。

その中で人権だの個人の尊重だのと
もっともらしい「素晴らしい」言葉で
逆に個人の感情を表に出す事を
禁じています。

世間体名誉、権利や利得
そうした「秩序」の中で
個人の感情を前面に出す事は
とても忌み嫌われます。

一見、健全に見える家庭。
すごく立派な人。

賞賛される人々って、実は
幻想の「権威」によってのみ、
偽りの感情を持って動いている
のかもしれません。

芸術文学で反旗をひるがえして
いる果敢な人々もいますが・・・

どうにも今の社会には
(特に日本では)徹底的に
精神的自由というものが
許されていないように思います。

本当の自分の感情を殺されて
代理の感情を本物と思い込まされて、
そしてそれに気が付かないまま
いかにももっともらしい事を
声高に叫んでいるだけなんじゃないかな。

殺人者という大罪人は、一番最初に
殺してしまったのは自分自身の心
なんじゃないかって思ったりします。

常に人を見下す人も、心理的には
根本は同じなんじゃないかって思います。
前者は社会的弱者であって、
後者社会的に強者である事が多い。

精神を無くした、あるいは
偽りの感情だけで動いている人は
もはやロボットと変わりない。

正義の人」は命令によって
戦争もするし人を平気で殺す。
でも罰せられる事はない。

恋愛さえ(親や家族といった権威に)
規制されていたりする。
結婚制度も秩序を守るための規制に
すぎないんじゃないかと思う。

今読んでいる本を読み終わる頃には
社会の矛盾について、少しは
理解が進んでいるといいな。。。。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

月乃

  • メールを送信する

月乃さんの最近のウラログ

<2009年11月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30