デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ある人妻さんとのひとときにて…(その8)

2014年08月04日 06:47

ある人妻さんとのひとときにて…(その8)

(その7より)…僕の指で、クリトリスなどを弄られ続けた恵(仮名)は、その大きな体を狭いバスタブの中で、右へ、左へと捩る様にしながら

「ハアァ…感じちゃうぅ…」

などと声をだし、喘いでいた。

そして、僕の指が恵の濡れた割れ目から、その中へと進入させると…

僕の指が、恵の中に挿入されたその瞬間、恵は、その大きな体をビクリとさせ

「アハアァ~」

と大声をあげた。

更に僕は、恵の背後から乳房を掴み、そして揉みながら、恵の中へと入れた指を恵に出し入れさせた。

その恵の中に入れた僕の指先は、明らかにお湯とは別の、液体を捉えていた。

そして、その溢れる量が増えてくるにつれて、恵は

「アハアァ~…もうだめ…もうイッチャウゥ~アゥワハアァァ~」

と雄叫びのような叫び声をあげると、目を瞑ったまま、僕の方へ体を倒していった。

恵は、イッてしまったのか

「ハアァ…ハアァ…」

と、荒く息をしながら、僕の肩に頭を寄りかからせ、その大きな背中で僕の胸を圧迫していくのであった…(その9へ続く)

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

アツオ

  • メールを送信する
<2014年08月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31