デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ポリネシアン・セックス

2013年05月25日 10:09

ポリネシアン・セックス(Polynesian Sex)とは、ポリネシア地方で伝承されてきた性行為の方法である。

概要

射精よりも精神的な交わりを重視し、通常は数秒しか持続しない男性のオーガズムが長時間持続する。ポリネシアン・セックスには様々な方法がある。
性行為は5日に1回程度とし、残りの4日は性器を刺激しない愛撫だけに留めて気分を高める。
前戯に最低1時間かけ、また陰茎を膣への挿入後 30分はピストン運動を行わず、抱擁や愛撫に留める。

(ただし、男性に勃起力が無くなりそうなとき、女性性感が無くなるときは動きが必要)
個体差があるが、オーガズム快感の波が次々と押し寄せてくるのが続くという。
オーガズム後も、性器を結合させたまま抱き合う。
セックス前に食事を多くは摂らない。
ゆっくり行為に集中できる日の午前中がよい。
固定電話機の受話器を外す、携帯電話機の電源を切るなど、行為に集中できる環境を作る。
最適体位は、互いの骨盤をつけるものとなる。 女が仰向けになり、男は右をベッドにつけ、半身を起こす。
男の左脚を女の両脚の間に挟み、女の右足は男の腰の左に乗せて、互いの脚を絡ませる。


ポリネシアン・セックスという言葉は聞いたことがありましたが、どんなものだろう?と興味を引いたのでネットで調べて出てきたのが、上記の内容です。5日が1サイクルというのは、日本では結構難しいかもしれませんね。”射精よりも精神的な交わりを重視し、通常は数秒しか持続しない男性のオーガズムが長時間持続する”というのは魅力的ですね」

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ホリー

  • メールを送信する
<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31