デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

座薬

2006年06月02日 12:54

胃の具合が悪くなった男が、とある医師の元に駆け込んだ。

医師は彼をじっくりと診察して言った。

「ふむ。あなたの胃は大変深刻な状態だ。座薬を入れて様子を見ることにしましょう。」

医師は男にかがむように言い、それを上の方へ押し入れた。

「よろしい。それではまた、同じことを6時間後にもするように。」




6時間後、男は自分の家にいた。

男は医師の言う通り、座薬を手に取ったがどうしてもそれを一人ですることができなかった。

それで男はたまらず、彼の妻を呼ぶことにした。

男が今までの経緯を説明すると、彼女はこっくりとうなずいた。

そして、片手を男の肩に当てて、もう一方の手で座薬を押し入れた。

その途端、男は頭をかかえて絶叫した。

「う、うわぁーー!!」

妻はびっくりして男に尋ねた。

「ご、ごめんなさい。痛くしちゃったかしら」

「いや、そうじゃないんだ」

男は6時間前を思い浮かべて、愕然とした様子でつぶやいた。

「実はさっきの医者なんだが、俺の肩にあった手がな……」





「手が、どうかしたの?」

・・・


「両手だったんだよ」

・・・

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

tamakuro

  • メールを送信する

tamakuroさんの最近のウラログ

<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30