デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

恋愛小説

2009年08月19日 21:42

「だって全部なんてかけて愛したら、相手に悪いもの。そんな重くて大きな思いを。恋愛をしているというだけの理由で相手に負わせるなんて、身勝手すぎるもの。」





とあたしが読んだその話には書かれていた。


ああ、そういうことか…
と妙に納得した。



あたしは彼を
あたしの
たぶんものすごく深いところで
愛してる


だけど


それを伝えることすら憚られる





ふたりともまっとうな家に住んでいる
ということ

ふたりとも既にパートナーが居る
ということ

この気持ちを社会的に公言してはいけない
ということ




考えすぎるあたしの性格が
あたし自身を
ねじ曲げさせる


伝えたいのに
いえない




世の中の誰に言いふらしたい訳じゃない


彼にだけ

伝われば良い



「だいすき」




キスだって
セックスだってできるのに



その一言が
言えない







タイムリミットはたぶんすぐそこなんだ

「年末辺りかな」
そう言ってた

彼が福岡を離れる時
あたしとの関係も終わる

こんな関係で
遠距離選択肢は無いよ…




ふたりで会えるのは
きっと
あと1度か2度



あたしは彼に愛を伝えることができるんだろうか…

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

チナツ

  • メールを送信する

チナツさんの最近のウラログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31