デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

一生癒えない傷を

2011年09月20日 22:50

…慣れない。
「彼」の居ない日常に。

出先から必ずメールをくれたり
エレベーターの前で待ってたり
倉庫の近くで張ってたりする
“カレシ”の彼はもう居ない

居るのは席を2つ隔てたとこのデスクに座ってる“主任さん”の彼だけ

その目はあたしをもう追わないし
執拗に絡んでくることも無い




それが我慢なのか
カモフラージュのためのブラフなのか
本心なのか
あたしには解らない








少しだけ二人だけで話せる機会があった
「◯◯ダムで」
ダムで?」
「一度だけ外で会ったことになってるから」
「えっ?話しちゃったの?」
「毎日毎日しつこくて…」
「…なんで折れちゃったの」
「あまりにしつこいから」
「だめじゃない…?」
「何にも無いのにあのメールは無いって言われた」
「それはそうかもしれないけど、でも、しらばっくれないと…」
「一度だけ外であって一度だけチューしたことになってる」
「それ…」
「襲ったって事になってる」
「え…」
「まあ、間違ってないし」
「は…」
「俺が悪者になってるから」

待ってよ
襲われてないもん
そう言おうとした瞬間
「そういうことなんで」
会話は終わってしまった




丸一日あたしは仕事しながら考えて
何度も
「ダメだよ…」って思った




帰る間際
「やり直したいんならあたしをかばっちゃダメだよ」ってやっと、彼に言えた
あたしを想う気持ちを奥さんに気付かせちゃ、ダメだ。

「もどりたく、ないの?」
「うーん…」
離婚って言われる?」
「うん。言われてる」
離婚しちゃうの?」
あたしの問いに彼はただ無言で…いた
「…」
「…」
「…どうしたいの?」
「…わからない」
「…」
「…」
「…別れようって言わないの?」
「多分信じないよ」
「ちがう。あたしに。」
「…!」
また無言なる、彼
「…言ってもいいんだけどさ、、、」スゴく小さな声で彼は言った。そしてその後言葉を濁した。
そういうの、逆効果だから。「言っても良い」って思ってないだろ。そんな風にあたしを想わないで。突き放してくれなきゃ、諦めきれないよ・・。


「ね、…どうしたいの?」
「…うん」
彼は彼で異動希望を出す気でいたと、教えてくれた
東京勤務に。
単身赴任で行ったら…遊びに来てくれる?」
あたしは笑ったけど
「うん」とは言えなかった

「進まないといけない道は、わかってるんだけどさ」あたしも会社を辞める気でいる
「あとは」
「…」
「…気持ちだけ。」
「…ん。」
「…」
「このままで良いとは想ってないんだけどね」
「うん」


二人ともお互いと離れないといけないと思ってる
それは多分本当なんだろう
だけど、もっと強烈に離れたくないと思ってる
それも本当だ


重ーい空気を払拭しようと
「もしさ、ダメだったら、結婚してくれた?」笑いながら聞いた
笑いながら「あー。したよー(笑)」って言って欲しかった。


彼の答えは

「………ん。
 …
 …
 …結婚、したかった、ですね。」


すごいためて、そんなこと言わないでよ
そんなに本気で言わないでよ


あたしは笑いたかったのに
何も言えなくなってしまった


嬉しかった


その言葉だけで十分
そういおうとした言葉さえ飲み込んでしまった

辛そうだった
あたしは何にもしてあげれない





帰りの車の中で泣いた
目の腫れが収まるまでしばらく家に帰れなかった


こうやって毎日
一生癒えない傷を
つけあう

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

チナツ

  • メールを送信する

チナツさんの最近のウラログ

<2011年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30