デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

理想の結婚相手

2016年09月25日 19:33

「八十億人の中から選ばれた出逢い」と言った某女性芸能人
結婚相手として80億人はいない。1人の人間が人と出逢える数は、ある程度決まっている。そんな事は、一切考えずに言える無神経が、賞賛に値する痛い人だが、
「今でしょ!」で有名になった予備校講師だった(今も?)林 修先生が
テレビで言っていた理想の人と出逢えることを、数学的に導 くことができると解説した話が興味深かった。
学生時代の仲間と飲んでいたときに盛り上がった話があったという林先生。

「いろんな人と付き合う中で、何番目の人と真剣に付き合うか考えません?」と質問をなげかけた。「例えば、最初の人とつきあって、もっと良い人が出てくるんじゃないか?と思ったり、かといってずっと見逃していると、一番良い人を見逃してしまうんじゃないか?と思ってしまう」と、誰もが考えていることを口にした。

これを数学的にみて、「一番いいのは何人目って言えないかな?」と、真剣な話になり、その数式を導き出したそうだ。

例えば今20歳として、35歳で結婚するとした場合、出会う人が限られてくる。しかし、数学を使えば、何番目に付き合った人と結婚すれば幸せになれるのかがわかるそうだ。 簡単に証明ができるという林は黒板を使い、数式を書いて説明。


重要なのは、焦って結婚をすると、後で良い人に出会うのに、その可能性を消してしまうことや、粘りすぎると今期を逃してしまうことにもなりかねないことだ。 ある程度、見定めの期間を作り、その中で暫定ナンバー1を見つける。

そして、その後に出会った人で、暫定ナンバー1以上の人を探すのがベストだとか。

この話で盛りあがったという林。数学を理解している人ならわかるはずだという。

難しい数式をつらつら書きながら「最初の37% を見送って、そこからあとに出会った人の中から、一番良い人と付き合ったら、一番ステキな人と付き合っている事になる確率が高い」と言い切った。

番組では、20歳の女性が35歳に結婚するとして、毎年1人 と出会うことを想定して計算。

最初の6人を見送って、その中から暫定1位 を選ぶ。そしてそのあと、暫定1位を超える人と出会ったら「即、結婚」と導き出した。数学が理解できる人ならば、おそらく納得がいく理論だろう。

しかし人生はそんなに簡単ではない。現在の年齢と結婚したい年齢がわかっても、一年に何人の人と出会うかは予想不可能。

また、あくまでもこの計算は自分から見た場合で、相手から見たときに当てはまるとは限らない。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

圭太

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30