デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

春のはじまり、優等生の出奔

2013年06月29日 15:19

きらきら光る飾りのついた万年筆を、ローズダストコートのポケットに忍ばせている。ミッドナイトブルーの、冬の夜の色をしたコート。安っぽい屈折率の星は深い夜にひっそりと沈む。


この万年筆の中身は、本当はインクではなくて、とても危険な爆発物であったなら、と彼女は空想する。


アカデミーの前庭にこれをするりと落として、何食わぬ顔で立ち去る。地面に転がった万年筆は、しばらくして内側から弾ける。華やかな大爆発。気詰まりなアカデミーは大騒ぎ。





ローズダストアカデミーが厭だった。大嫌いだった。無彩色の校舎も堅苦しい制服も、ぼんやり満ちている澱んだ空気も。靴の裏でタイルを叩きながら、ローズダストは大嫌いとつぶやく。もしも彼女の手を引く人がいたなら、彼女はきっとアカデミーを後にしただろう。





「そんなにアカデミーが嫌いなの?」

いつか、ローズダストの姉は訊ねた。大嫌い、と答えるとき、ローズダストは姉の顔を少しも見ようとはしなかった。


「それじゃあ、家庭教師をつけて家で勉強したらいいわ。あなたはとても頭のいい子だし、その方がもっとずっと勉強になるんじゃない?」

ローズミスト


ローズダストは姉を姉さんとは呼ばない。自分とよく似た、ローズミストという名前で呼ぶ。



生憎とわたしはアカデミー以上にうちが嫌いなの。知っているでしょう?」





ローズミストは悲しそうに妹を見つめた。慈愛に満ちていて、優しげで温かみがあって、わたしとは正反対だとローズダストは思う。心の底から悲しんでいる様子の姉を見ると、ローズダストは胸が痛んだ。家族も家も嫌いだったけれど、2つ年上の姉だけは好きだった。



「でもローズミストは別。いつかわたしがアカデミー卒業して家を出る時も、ローズミストにはさよならの手紙を出すわ」

ローズダスト。そんなのって……かなしいわ」



濃緑色のコートの上で、細い白い手にぎゅっと力が入った。この人は、本当にわたしのことを心配している。優しい姉への申し訳なさだけが、ローズダストアカデミーと家への未練だった。






そのローズミストもついこの間卒業の日を迎えた。それと同時に親類の家に養子に入った。両親とローズミストの間で何か込み入った話があったようだが、ローズダストには興味がなかった。
卒業したら、とあのときローズダストは姉に語ったが、思っていたよりも逃避の日は早くやってきた。もう未練はない。どこにも。


昼休みの終わりはもうすぐで、図書室にはもう彼女一人だった。昼下がりのぽってりとした色の陽だまりが書架の向こう側に見える。
書架に並ぶ本の背表紙を眺めて、ローズダストはポケットから万年筆を取り出した。本を一冊抜き取り、適当なページを開く。




その余白に、吸い込まれそうな濃紺のインクで文字を書き落とした。誰も知らない背徳に胸が騒ぐ。
姉はこんなことはしなかっただろう。言語芸術以外の成績はお世辞にもいいとは言えないにも関わらず、アカデミーの教師たちからの評価は今年の卒業生の中で一番よかった人だから。


ローズダストはあらゆる教科をそつなくこなし、常に主席だったけれど、それだけだと彼女は思う。教師には褒められたが、それは彼女の成したことに対する評価であって、彼女努力彼女自身に対する評価ではなかった。





( わたしたちは、まったく正反対ね )



そう言えばローズミストは悲しむだろう。けれど怒りはしないだろう、けして。




強い筆圧。口許には微笑み。余白に書き付けていく文字はローズダストにしてみれば遺書にも等しかった。
聡明なローズダストは既に知っていた。今まさに胸のうちに渦巻く、この感情を収めるべき場所を。それでもと思いながら、読点を、不細工な程とりわけ丁寧にしっかり書きつける。
そして慎重に元の場所に本を戻すと、ローズダストは鞄を持って図書室を後にした。鞄の裏で静かにタイルを叩く。




大嫌い。口にしてみると、それほどでもないような気がした。
冷淡な校舎は誰にもひざまずかない貴婦人の様であったし、回廊のステンドグラスは夕暮れが美しく何度も見に行った。図書室では誰にはばかることもなく好きな本を読めたし、教師は嫌いだったが授業は面白いと思うこともあった。無愛想な制服だったが胸元を飾るリボンだけは華やかで姉によく似合った。姉も、ローズダストにそのリボンがよく似合うと褒めてくれた。それでもローズダストは出ていくのだ。




ポケットから万年筆を取り出すと、透明な石を何度か親指の腹でこすったあと、するりとタイルの上に落とした。何も起こりはしない。この時間はどのクラスも授業中で、校舎はしんと押し黙っている。手を引いてくれる人は現れなかった。けれど、校舎の裏の塀を乗り越え、ローズダストアカデミーを後にした。






                 ( 春 の は じ ま り 、 優 等 生 の 出 奔 )









万年筆ほしいなぁ!
でもわたしインク壺をひっくり返しそうなので、万年筆を登場させることであきらめました!

体調はすこし、かいふくしました^^
ご心配お掛けしちゃってごめんなさい…

なにか、テーマを決めて書こうと思いまして、
春夏秋冬、それぞれの掌編を書いていこうとおもいました

おひさしぶりでした、しいかでした^^

このデジログへのコメント

  • 別荘族 2013年06月29日 19:12

    大丈夫?とても心配しています。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

井荻しいか

  • メールを送信する

井荻しいかさんの最近のデジログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30