デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

母子殺人事件について

2006年06月21日 11:07

昨日朝から最高裁の結論が出ると知り、
他人事ながらそわそわした気持ちでその時を待ってました。
これを書く前にさっき男性でもこの事件について書いてる方がいたので
先に読ませてもらいました。





いろんな事件が世の中で起きるたび、
自分が加害者の親ならどうするべきか、被害者の親ならどう対応するのか
考えさせられます。

この前起きた秋田での事件。
まだ捜査中なので何ともコメントできませんが
被害者の親から一転加害者になってしまうと
様々なことを言われてしまうんだな~と思いました。
周りも堰を切ったように言いたいことを言いまくる。
別に加害者女性を擁護するわけではなく、

もし!自分が本当に発作的に犯してしまっても
やはり私を知る周りの人間はやっぱりそうだったのかーと
いろんなことを言うんだろうなと思います。

大人になれば人には言えない失敗、事件、事故があると思うんです。
さらに犯罪にはならない過ちもあると思うんです。
それを関係のない全ての人に知られてしまうとは・・・

もしそれが自分の家族が犯した罪なのに、その親ということで
プライベートも何もかもさらけ出されてしまうのかと思うと
本当にどうしていいのか分かりません。





話が逸れてしまいましたが・・・

知らない方のために少し補足しておきますが
山口の事件は、当時18歳1ヶ月の少年がレイプ目的で団地に侵入。
レイプをし主婦を殺害。(その逆なのかもしれませんが)
更に11ヶ月の乳児を泣きわめいてうるさいので殺害。
これはまるで利害関係のない人間2人を殺した罪に問われています。

18歳未満が死刑に相当するような犯罪を犯して無期懲役
にして、更生を図りましょうという少年法によって守られています。
その無期懲役少年法なら最短で7年、ちなみに成人なら10年だそうです。

一審(地裁)二審(高裁)共に更生の余地があるとして
無期懲役を言い渡していましたが、検察側が上告し最高裁へ。

最高裁では無期懲役には相当しないということで裁判高裁でやり直すよう
差し戻しという結論になりました。

更生の余地はないというのは今までに謝罪の言葉も手紙もなく
最高裁弁護団が辞任したことによる新しい弁護士のさしがねによる
遺族に対しての謝罪の手紙だったと思います。

手紙といえば、友達がなんだか挑発したような手紙を送り
その返事として
無期懲役になったら7年たってひょっこり地上に芽を出す’
という文面・・・・
そのあとにいくら謝罪の言葉を口にしたところでウソにしか聞こえないと思うのです。


更に加害者の父なる人がテレビに出演していました。
被害者の方への謝罪の言葉もなく、我が息子が犯したこととはいえ
死刑になるのは我慢が出来ないというようなニュアンスのことを
話されていました。
悪いと思うなら間接的でもテレビの前でも土下座して謝るべきではないでしょうか。
見方によっては腕組みをして、同じ子供の親ならこれ以上子供を失う辛さを味あわせないでくれというような事を言う。

もし!自分が加害者の親ならどうしよう・・・
そう考えると、平静さを保ってはいられないでしょうね。
手紙を書き、謝罪に行き、お墓に頭を下げに行く。
慰謝料を払う。受け取っては貰えないのかもしれませんね。
あとは何が出来るのでしょうか・・・・


ただ・・・
子供のうち、みんながみんなそうではないと思うんですが
人間に成長していく上での何かしらの過ちを犯すと思うんです。

それが小学校で通る道なのか、中学高校で通るのか
思春期には手の掛からないいい子としてかわいがられた子が
突如として成人してそれまでの鬱積したものを吐き出し
大きな犯罪を犯したりしています。

そうなるには、それなりの家庭の事情、親の育て方、学校の指導方法
様々なことが積み重なってだと思います。
一概にこのことが悪いからだ!とはいえないと思うんです。

でも、我が子を守ってやるのは親しかいないわけだし
愛情をもって育てるしか道はないのかなとも思います。

とても月並みなことしか言えませんが、私も愛が足りませんでした。
親にしてみれば育てるのに精一杯で愛なんてというものなのでしょうが
お金や品物やイベントではなくて、すごく愛されているという自覚が欲しいんです。

だからと言って、私が子供に対して愛情いっぱいに育てているかといえば
そうではないと思います。愛が溢れた育て方を知らないので
うまく出来ていないといつも悩んでいます。

やっぱりうまくまとめられませんが
いつかは被害者になったり、加害者になったりする時が来るかもしれないので
そうなった時に後悔しないように子供を育て愛してあげたいといつも思っています。









 

このデジログへのコメント

  • 北大路とすけ 2006年06月21日 18:29

    子は国の宝。子育てって誇るべき仕事だと思います。もっともっと世のお母さんは誇りを持って欲しい也。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

美唯

  • メールを送信する

美唯さんの最近のデジログ

<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30