デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

わからない彼女のこころ

2009年08月13日 22:04

彼女は何度も言う。
一緒に死のうと・・・。

何が彼女をそこまで追い詰めて
いるのか、僕にはわからない。

彼女の過去にとても大きな
何かがあったことは聞いたけれど・・・

会うたびに、死のうと言う彼女
僕は正直戸惑っている。

それでも一緒にいられるなら、
彼女は僕を全ての事から
守ってみせると言い放つ。

どちらが本当の彼女なのか。
あるいはどちらも本当なのか。

一緒に手を取り合って生きていこう。
そう言ってくれたなら、何の迷いも
もたないで済むのかもしれない。

彼女の言葉は時にあまりに
絶望的で、時に僕を救う全てになる。

彼女はこうも言った。
浮気をしても構わない・・・と。
それで私が捨てられても
文句はなにも言わないと言った。

彼女の不安定な自尊心
彼女の過去を見つめなければ
決して見えてこない。

ただ、自分が、僕が、
彼女の生きるための意味になれるのなら
僕は他の出会いを求める事は出来ない。

同時に彼女が二人の将来のためでなく、
この世の中に絶望して、死を願うなら
僕は一緒にいる事は出来ないんだ。

僕の目に写る社会と、彼女の目に
写る社会はあまりに違いがありすぎる。

そんな二人を協力に結びつけるのは
粘膜が作り出す幻想のような時間。
体の関係だけでは長くは続かない。

僕には彼女がわからない。

将来を望みながら同時に死を望む。
矛盾に満ちた彼女こころの奥底に
潜んでいる不安や孤独の源泉は
果たしてどんなものなのだろう。

僕の望みは、ただ仲良く手をつないで
貧しくてもつつましくても、精神的な
確かな信頼をお互いに持てる関係で
あり続ける事なのに・・・。


女性はよく「死」を口にする。
軽々しく口にしないで欲しい。
確かに人一人の命など、そう
重たいものじゃない。

自分の変わりになる人、
自分よりも生きる希望にあふれている人は
たくさんいて、みんなそれぞれ悩みながらも
頑張って生きている。

だから自分自身、自分の命が重いとは
思っていない。けれどそれを口にせず
わずかな希望であったとしても
毎日を生きてゆく。

その日一日を生きる事が精一杯でも、
たとえ未来希望が見えなくても、
決してあきらめない。

けれどもそれは自分一人を
支えることで精一杯の強がりでもある。

一緒に死のう・・・
そういう彼女に僕のこころ
耐え切れるだろうか。

彼女を見つめ、彼女に生きる希望
力強く生きていく意味を、彼女自身の
中に作り上げる事が、僕の力で
出来るだろうか・・・・。

出来る事なら、そうしたい。
けれどどこまで耐えられるだろうか。

彼女死にたいという気持ちを、
生きたいという気持ちに変える力を
持ち続けることが出来るだろうか。

何気ない毎日が、本当は一番の
幸せなのだと気が付かせて
彼女こころに見せる事が
出来るだろうか・・・・。

それが出来ない時、
それに耐えられなくなった時、
僕はもう彼女と一緒には
過ごせなくなっているのだろう。

このデジログへのコメント

  • タツル 2009年08月13日 22:14

    彼女さんの「一緒に死のう」は「一緒に生きたい」の裏返しじゃないかなぁ。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

月乃

  • メールを送信する

月乃さんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31