デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

大切な奴隷からのメッセージ・・・

2017年05月24日 16:14

主従関係・・・。

主従関係についは次回のログで書きたいと思っていますが、そんな主従関係を結んだ
Mの女性でも、最初からご主人様の要求をすべて手放しで受け入れているわけではないと
私の過去の経験から思う。

奴隷にも好きなこと(または興味のあること)もあれば嫌いなこと(または初めて体験することの
不安や興味の薄いもの)が当然ありますよね。
ただご主人様の為ならと頑張ってそれを受け入れてくれるのですが・・・。

私の経験上の話だが、このとき必ず"メッセージ"をご主人様に送ってくる。
それは"理由と意味"を求めるメッセージ。"何故、それを私にするのか?"という明確な理由・・・。

別にそれはM女性特有のものではなく、例えばどのような人でも好きな食べ物を与えれば特に
理由や意味を意識せず、喜んで食すだろうし、嫌いな食べ物を与えれば

"えーっ! なんでそれを食べなきゃいけないのっ??"
と理由と意味を求めてきますよね・・、それと同じ性質のものだと思っています。

例えば、浣腸するという行為・・・。
浣腸という行為については、あまりしたくないというM女性の方が多いでしょうね。
"始め"は彼女もそうでした。

私は浣腸に限らず"SM行為"をするときには(特に初めてさせるとき)、出来る限り彼女の正面から
命令をするし"何々をするからね"と伝えることを心がけてきた。何故なら彼女の表情を見たいから・・・。
彼女からの重要なメッセージを受け取りたいから・・・。

彼女は、"はい"という返事のトーンと表情に現れる。嬉しいことならキラキラした表情と
明るい"はい"という可愛い返事。でも不安なことや興味の薄いものであれば
少し困惑の表情と"はい"と返事するときトーンが低く、少し私から目線をそらす傾向がある・・・。

そこから大切な奴隷からのメッセージを受け取るんです。
"私はご主人様という立場において彼女が好きではないことをさせるんだ"という、まず
自分にしっかり"その重み"を自認させる。そして浣腸をしながら私が何を求めているのか
と、私の思いをしっかり言葉で伝える。何故なら彼女を不安にさせないため。

過去の経験から、奴隷が既に私の意図を汲み取ってくれているときは、多少な理不尽なことでも、
それを受け入れてくれるが、彼女が好まないこと・・・、
つまり"私の為だけ"に頑張ってくれようとしているいじらしく、そしてけなげな奴隷に対して、
ご主人様は"細かな配慮"と"感謝を伝える"という務めを怠ってはならない。
何故なら良い主従関係を継続させるために。理由や意味も伝えずに自分の好きなことを
させていれば、奴隷は必ず"不安"な気持ちが膨らんで信用できなくなってしまうと思うんです。

私が彼女浣腸をしたときのこと・・・。

浣腸を取り出し、彼女の顔の前にそれを見せて

"これを入れるからね"
"尚美が私のためにどこまで頑張ってくれるのか、そして私のために一生懸命耐える、
そんな尚美の姿が見たいんだよ。"

言葉をかけ、彼女アナルを指でさわりマッサージするように刺激して

"ここに入れるんだよ"
"お尻の穴の匂いも嗅いであげようね"

浣腸の理由を始めに伝えてあげれば意味を理解してくれるし、アナルを触り
恥ずかしい言葉をかけてあげれば羞恥心が不安な気持ちを和らげてくれる。

"頑張りますから、しっかり見ていてくださいね"

そんな言葉が返ってきたり、ドライブの途中、ドラッグストア彼女にイチヂク浣腸を買って
こさせて、駐車場の野外でしたときは、

"そばにいてくださいね。私を一人にしないでください"

意味を教えてあげれば、そのときの素直な気持ちを私に伝えやすくなるし
何よりも、彼女と私の気持ちの確認、そんな言葉のキャッチボールができることは
嫌なことをやらせるときには、とても重要なことだと思っています。
そんなときこそ細かい配慮が必要。でなければ嫌なことがもっと嫌いになってしまうから・・・。

彼女は私のために耐えて、とびきりの表情と姿を見せてくれた。
私は、ただただ見とれるだけだ・・・。
でも喜んで見とれているわけにもいかない。耐えるにも限界がある。
当然支配するものは限界を知っておかなくてはならない。
彼女の場合は汗のかき方とか鳥肌がそのサイン

"尚美のことはなんでも知りたいんだよ。"
"おしっこをする姿もうんちをする姿もね"
"私の前で思いっきり出してごらん"

室内であれば洗面器に、"こぼさず上手にするんだよ"
ドライブ中は、着衣のまま縛り、浣腸をすることが多かったので
"早くしたければパンツを脱がなきゃね、それともお漏らしするかい?"
"もう我慢できません、お手数ですが尚美のパンティーを脱がせてください"
パンツに手をかけ、下腹を手のひらでぐりぐり押したり、アソコをしごいたり・・・
わざとゆっくり脱がせて意地悪をする・・・。

そんな言葉ややり取りをして排泄させる。私は必ずそれを見届ける。
私はスカトロとか汚いのは嫌いだが、可愛い奴隷排泄した後の汚れたお尻をきれいに
ふき取りのはスキ・・・。
私のために頑張ってくれたから。ふき取るとき、彼女あそこがいっぱい
濡れているともっと嬉しくなる。

"よく頑張ったね"
"嬉しかった、ありがとう"

そんな言葉が自然に出てくるし、何よりも可愛い奴隷がもっと好きになる。

彼女出会った当初はお尻やいろいろな所の匂いを嗅がれること、浣腸剃毛、野外での
SM行為はあまり好きではなかった彼女ですが、"変化"は突然現れるもので、私も
びっくりしたことを覚えています。

好きではない行為を"今日はするよ"と言うと、当然今回も"あの困惑の表情"をするだろうと
思っていたら、"はい"とキラキラした目で視線をそらさず私を見る・・・。
あれ?っと拍子抜けになる。。。

彼女と普通に会話する時に聞いてみたことがある。

"あれって、あまり好きではなかったんじゃないの?"
"好きですよ。いっぱいご主人様が喜んでくれるから。"
"ご主人様が好きなことは尚美は全部すきなんです"
"ありがとう、嬉しいよ。でも・・・ちょっと複雑かなぁ・・・"
"どうしててすか?"
"うーん、、、全部ご褒美になっちゃうし、いじめ甲斐がなくなっちゃう"
"じゃあ尚美の嫌がることいっぱいしてください、それが嬉しいんです"
"え?そうなの? やっぱり尚美はMなんだね"
"うーん、それもあると思うけど・・・、今日のご主人様はとても意地悪だなって
 思うとき、なんかとても大切にされている気がするんです。心がぽかぽかするんです"

こんな会話をしたことを思い出します。
この時、私はとても幸せな主従関係・・・。喜びでいっぱい。そんな感じでした。

余談ですが、私は彼女と主従関係を意識しない、同じ目線で何でも話しあえる時間を
意図的に作ってきました。
日頃の彼女が内に秘めている私に対する疑問。Mの女性って"何故あの時私をあのように・・・"とか
必ず「その理由と意味」はどんな些細なことでも必ず求めるものなのかなって思えるんです。
だからこのような時間はそれをケアしてあげるためのとても大切なものだと思う。
"はぐらかす必要のあるもの"もあるが、多くは"明確に答えて示すべき必要があるもの"・・・。
これは良い主従関係を維持する為の大切な時間。奴隷にとってご主人様は唯一のよりどころ。
奴隷を迷わせない為のとても大切な、大切な時間だと思うのです。

最後に・・・
"奴隷に対する細かい配慮"とか、"ご主人様の務め"とか、、、偉そうなことを
書きましたが、私だって始めからそれが出来てはいませんでした。また主従関係を
結んだM女性の表情を読み取り、自ら"修正し配慮する"なんてことも出来ませんでした。
ご主人様奴隷調教し育てることを強く意識しますが、ご主人様だって奴隷から調教
受けるんです。そして奴隷から育てられるんです。その多くの時間を経て、強い絆や信頼が育まれ、
良い主従関係が構築され、お互いの"半身"のような感覚になっていくと思うのです。

ただ・・・、「お互い求めているものが異なる場合」にはそれは難しいことかも
しれません。主従関係を結ぶ前に、多くの言葉のやり取りと十分な確認が
必要なのはそのためですよね。。。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

-涼介-

  • メールを送信する

-涼介-さんの最近のウラログ

<2017年05月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31