デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

貧乏神と小判

2016年06月09日 07:19

貧乏神と小判

昔、ある所に貧乏な百姓夫婦がおりました。

ある寒い冬の日、突然、屋根を突き破って男が落ちてきました。自分は貧乏神だ、住みにくいから出て行く、といいます。

しかし夫婦は「外は寒いからせめて明日の朝」とか言って引きとめようとします。「温まるから」と雑炊を食べさせようとしたり。貧乏神は「その人の良さがイヤなんだ!!」と怒って出て行きした。

しかし出て行くときに、「今夜の四つ時(22時)頃、街道一本松の下に行ってみろ」と言い残しました。「神様の言うことだから」と、それに従って行って見ると、馬が大量のクソをたれるだけでした。

そのあまりの量にビックリして逃げ出してしまいましたが、「肥やしになる」と気付き、馬糞を拾っていると、なんと馬糞は小判になりました。馬がたれたクソは一里半も続き、これら全てが小判に変わり、夫婦が朝までかかっても拾いきれないほどだったそうです。

このウラログへのコメント

  • ちょっきん 2016年06月09日 07:38

    まさに「情けは他人の為ならず」ですね。

  • ふくさと 2016年06月09日 08:13

    ふむふむ。
    良い話ですね。

  • ma1616yan 2016年06月09日 08:41

    いつも革新的な裏ログありがとう。

  • 河内のやっさん 2016年06月09日 10:50

    貧乏神が逃げ出す貧乏

    チャペス大統領みたいに

    こころが豊かだったのね

  • ナトリ 2016年06月10日 05:00

    貧乏神も逃げ出すほどの暖かい家族・・。
    確かにそんな暖かい家には貧乏神も住みにくいでしょうね。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

あおい

  • メールを送信する

あおいさんの最近のウラログ

<2016年06月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30