デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

【お題日記】オナニーする時想像するシチュエーション

2013年06月01日 23:17

実らぬ恋で
想像のオナかなぁ~
前に凄く怖い人いてね~
でも気づいた…
怖い思いしてるのに
好きな事に…
その人の顔が頭によぎって
顔を思うだけで
アソコヌルヌル
くりちゃんはヒクヒク
触らずにいられなくなる
気ついたら触ってるの
「○○ちゃん…あかんって…」
なんていいながら…

シチュエーションは…
私がその彼に会いに電車で行って
会社に着いて
忙しいやろなって心のどこかで思いながら
呼び出した
彼がやってきて冷たい言葉…


「何か用

私は何も言えない


「何もないなら俺忙しいから…じゃあ」

そう言うと私に背を向けた
私は慌てて彼を引き止める


「あの…ちょ…ちょっと待って…


「何今急な仕事入ってるから…」


「ごめん

私は下を向いて彼の顔を見れない


「じゃあね…」

そう言うと歩き始める
彼は私からだんだん遠くなってく


「どうしよ…」
ボソッとつぶやいて
もう1度声をかけた


「やっぱり待って…」


「なにホント急な仕事あるから…何か用

冷たい言い方は変わらない


「ちょっとだけ話したい…あかん


「じゃあ急な仕事終わらせてくるから、そこのエレベーター横にある椅子で待ってて」

冷たく言うと立ち去った

午前中に会いに来たのにもう午後の5時をまわってる
ホントに戻って着てくれるか不安な時間


「話って

待たせるだけ待たせといて謝りもないまま


「あの…」

何から話ていいか


「………」


「○○ちゃんが…」

彼の名前を言うだけでいっぱいいっぱい


「○○ちゃんって俺

私は軽くうなずいた


「俺がなに

冷たく言う彼…


「……好きかも


「俺が好き

コクリと頭を下げた


「ちょっとここではそんな話…こっち着て」

そう言うとエレベーターに乗り込んで地下の社員が停める駐車場の広場に…
地下駐車場だけあって
ちょっと薄暗い


「これ俺の車やから後ろに乗って話聞くわ」

そうして車に乗った


「でぇ俺が好きなん


「…でもごめん…いいや…」


「何がええん好きなんやろ


「でも忙しい仕事してるし私の事なんか忘れてたやろし…」


「そうか確かに難しくてすごい責任のある仕事やな」


「だからもういい


「俺きみの事忘れてなんかないよ」

私はビックリした
人間関係の多い彼が
私の事なんか覚えているはずはないと思ってたから…


「じゃああの脅かした言葉も覚えてる


「ん………あぁ~あれは誰にでも言う言葉やからな」


「そっか…」

話はそこから弾まない


「でも彼女いるでしょ

「俺おるはずないやん忙しいのに彼女どころちゃうわ」

ホント忙しい人なんだ
彼は私の顔を覗き込んだ

恥ずかしいあまり顔をそむける私のアゴに彼の手が…


「なに○○ちゃん」


「ええから」

彼の目を見ると真剣な顔になってる


「○○ちゃ…」

そう言いかけたとたん
彼の唇が私に重なり
軽く舌が中に…
私は目を強くつぶって
彼に絡めている
彼は離れて


「俺…たまってるねん」


「えっ

そんなつもりは全くないしすぐにそんな行為は…


「そんなつもりないし」


「俺仕事でバタバタしてて帰っても寝るだけの生活で相手もおらんし」

そう言うとの中に手をしのばせてきた


「○○ちゃん


「大人の付き合いしょうや」

言いながら冷たい手で直接触られ
身体が固まった
彼は乳首を吸ってみたり舌でチョロチョロ


「あかんって」

でも彼の手は止まるどころかに手を入れて直接触った


「あかんのじゃあ止めるでもここ正直やで」

クチュクチュ音が…


「でもいやや」


「俺もう我慢できへん」

彼の手は早くなってく


「あぁ…あっ…○○ちゃん」


「○○ちゃんちゃうやろしんじって言うて」

彼は年上で呼び捨てにはできない


しんじさん…」


しんじさんちゃうやろしんじやろ」


「し…しんじ


「俺の見てみる

私は軽くうなずいた

彼はを脱いでアソコを見せた


「自信ないけど俺のどう

私はあまり経験はない


「どうって…あんまり経験ないし」

彼は私の手を取って自分のものに…
ピクッとした


「あれピクッて


「うん感じた」

私は彼のものにクチを近づけ舌て先をチョロチョロ


「うっ…はぁ~」

彼は声を出している
ものをクチの中に含んで上下に…


「もう我慢できへん入れさせて」

私はうなずき彼の言うような体制になり彼のものが私に入ってきた


「あぁ~いやぁ~」

彼は軽く前後に動かし始めた…
こうしてエッチは始まったとさ…
みたいなシチュエーション

このウラログへのコメント

  • 和男 2013年06月02日 01:31

    これからの展開が気になりますね(#^.^#)

  • 浩二. 2013年06月02日 08:38

    お目に掛かれたら一晩中クンニでクリトリスや乳首を丹念に焦らしながら愛撫し心地良く逝かせてあげたいな♪

  • azamino 2013年06月02日 08:43

    line教えて
    メール下さい

    スマホ使って無ければ
    ソフトバンクなら
    時間たっぷり話せるよ

  • まい 舞 2013年06月02日 09:43

    > azaminoさん

    ありがとうございます

  • まい 舞 2013年06月02日 09:45

    > 浩二.さん

    会えるといいですね~

  • まい 舞 2013年06月02日 10:01

    > ルパン四世さん

    ありがとう
    うんうん切なさあり
    ドキドキありで
    いい感じやろぉ~
    男性は私に冷たい態度なのに
    なぜか私を求めるって
    これからも仲良くしてね

  • まい 舞 2013年06月02日 10:11

    > 和男さん

    ありがとう~
    これからもドキドキ
    ワクワクなストーリー書くからぜひまた見てね

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

まい 舞

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30