デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

フィクション2

2009年08月02日 04:17

僕の起きたアイツはもう完全に覚醒している。

いろんな思いが交錯して,僕の心臓はもう倍速状態。

とりあえず彼女に悟られないように,体の間に距離を作った。

「なんかどきどきするね」

彼女はそっと呟いた。顔が少しだけ,赤い。

僕のほうがどきどきしてます。いろんな意味で。

「もっとぎゅってしてほしいな」

それは無理

したい,けどできない。

だってバレちゃうじゃないか。

そんなことを考えてもじもじしていると

彼女のほうから僕に体を寄せてきた。

僕ももう我慢できず,彼女を抱きかえす。

少しの間があいて,彼女はくすっと笑った。

「なんか,あたるよ」

またさっきの笑顔だ。今度は少し照れてるみたいだけど。

「興奮しちゃったの?ホントにやらしい」

僕は開き直って,アイツを無視してさらに強く抱き締めた。

その時の彼女の顔にさっきまでの笑顔はなく

困ったような,緊張してるような表情だった。

僕は少し不安になって,彼女の頭をそっとなでた。

彼女は一瞬僕の眼を見て,とても可愛らしく微笑む。

すると緊張が解けたのか,また小悪魔のような笑みを見せた。

「なんでおっきくなっちゃってるの?」

「あたしとやらしいことしたいの?」

答えにくい質問ばかりを聞いてくる。

彼女はSなんだな,ふとそんなことを考えた。

素敵なことだ。だって僕はMだから。

あらかた僕をからかうことに満足したのか,彼女は急に

「ねぇ?」

と小さな声でいった。今までの声のトーンではなく

もっとこう,甘ったるいような,猫みたいな声だった。

僕が続きを促す彼女は少し黙り,うつむいてこう言った。

「それ,食べてあげよっか?」

僕は一瞬なんのことだかわからなかったが,すぐにわかった。

だって,彼女の手が,それに,アイツに触れてきたから。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

sin

  • メールを送信する

sinさんの最近のウラログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31