デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

再会

2009年05月29日 09:09

酔いがまわるのが早く、
彼の言われるがままにベッドに横になる。
あまりの眠気に瞼が落ちかけながら、
彼の話に曖昧な返事をする。

ベッドが大きく揺れ、
彼の大きな体が私に覆いかぶさる。
重いまぶたを持ち上げ、
彼を見ると、
意地悪そうに笑いながら
私を見下ろしていた。
すぐに唇が重なり、
抵抗する力も無く、
侵入してくる舌に応えた。

全ての服を強引に剥ぎ取られ、
直接、肌が触れ合うと、
体温が一瞬で上がっていくのがわかる。
彼はもう一度唇を重ねながら、
胸に触れ、先端をきつく摘み上げる。
重ねた口の端から息が漏れた。
その息すら漏れないように、
激しく唇を押し付けられ、
喉の奥で鳴いた。

摘み上げられた乳首は、
摘み上げられた通りの形で硬直している。
刺激が欲しいと言わんばかりに。
それに彼の舌がまとわりつき、
音を立てて吸い上げられる。
体の芯がしびれ始めるのを感じる。

彼の指は体中を這い回り、
最後に私のそこに辿り着くと、
1本だけ差し込んだ。

「ぅああっ・・・」


約4ヶ月ぶりの異物挿入にも関わらず、
そこは溢れそうなほど濡れ、
指一本を簡単に受け入れた。

彼は濡れているのを確認すると、
理性が切れたように、
激しく体勢を変え、
彼のものを入り口にあてがい、
一気に奥へと差し込んだ。
激痛が走り、仰け反る。

「いぁ、、、い、、たい、、、」

彼は構わず、
奥へ押し込み、
引いては奥へ押し込んだ。
そのたびに、
卑猥なぐちゅぐちゅという音が響く。

いつしか痛みは快感に変わっていた。
突き上げられるたびに、
歓喜の声で応え、
彼が達する前に、
一人で2度も逝ってしまっていた。

彼の上に跨り、
突き上げられながら、
尻を叩かれると、
ドMの感覚が戻り始める。

「い、、、やぁ・・・い、、た、、、んあっ!!!」

痛いのに、感じる。
肌の刺激に身悶えた。

「叩かれて気持ちいいんだ?」

「き、、、も、、ちいぃ・・・」

小さく何度も逝きながら、
そればかり繰り返していた。

彼は限界を感じ、
私を仰向けに押し倒すと、
また、一気に奥へとねじ込んだ。
ぐちゅうと音がなる。

「あぁ・・・・・っ」

すっかり彼のものに馴染んだそこは、
彼のもので擦れるするたびに、
やらしい汁を吐き出し続ける。

「こんなに濡らして・・・」
「いやぁ、、、」
「やめるか?」
「やぁ、、やめ、、、ないで、、、、あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

一気に彼の動くスピードが上がる。
無意識に腰が動き、
自分の感覚では制御できない快感が襲う。

「あぁ、、、、あぁ、、、うっ、、、、
いあぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・!!!!!」

彼は私の腹へと吐き出し、
私は治まらない痙攣に体をびくんびくんと揺らし続けた。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ageha1221

  • メールを送信する

ageha1221さんの最近のウラログ

<2009年05月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31