デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ネタ話15~ロシアンコンドーム

2019年02月12日 22:55

「へぃへぃ。何かお困りのようで。」

ビルとビルの間の仄暗い路地裏に、なにやら怪しいオーラを放つ、占い屋があった。俊樹は、そのオーラに吸い寄せられるようにフラフラと近づいて、そこで立ち止まった。

「あぁ。少し悩んでいるんだが、占ってもらえるか?」
「へぃへぃ、それじゃあ、そこへお座りくださいな。」

年の頃は、60?いや70代くらいだろうか?白髪で薄めの毛量、しわがれた小柄な女が、ちょこんと座っていた。

女性関係ですな?」

座りざまに突然、図星をつかれ俊樹はギクリとした。

「わかるのか?」
「へぃへぃ、わかりますとも。とにかく詳しいお話を聞きとうざいます。」

「うむ。実は今、4人の女と付き合っているのだが、困ったことに4人同時に結婚を迫られてな。俺としては、このままの関係を続けたいものだが、これが限界ときたもので仕方なくこの中の一人と結婚しようとおもっているのだ。」

「へぃへぃ、そうゆう事でございましたか。では、その4人の女の名前と、あなたさまがどう思いなさっているかを聞きとうございます。」

そうか。と言って俊樹は女の名前と、どう思っているのかを正直に述べた。以下はその時の内容である


1人目~田中あみ。顔はタイプだが、わがままな正確、まだ学生

2人目~佐々木茜、顔は普通、性格も普通だが芯が強い、OL

3人目~山本朋美、顔はイマイチ体の相性は良い、性格はおだやか、バツイチ

4人目~奥田忍、顔はまあまあ、体の相性は抜群だが浮気グセあり、元AV女優

話を聞いた占い師は、一通りの儀式を終え、手元にあった引き出しから小箱を取り出した。

「これをお使いくだされ。」
「?これは、コンドームでは?」

「さようございます。この箱のなかには4個のコンドームが入っております。これより4人の女とセックスをしなされ。
その時1人につき1個のコンドームを使用されるのです。」
「1人に1個のコンドーム?」

「へぃ、そしてコンドームをつけたまま女の中にお出しくだされ。この中の1個は精子に触れると破ける仕掛けが施してございます。そして破けたコンドームを使った女は必ず妊娠いたします。すなわち、この女と結婚するのがよいでしょう。」
「なるほど、つまりどのコンドームが破けるかは分からぬが、破けたらその女が俺にふさわしいと?」

「さようでございます。」
「わかった。」

そう言うと、俊樹は占い師から小箱を受け取り、お礼を払ってその場を去った。


数年後・・・・・・


再び、俊樹は占い師の前に姿を表した。

「おやおや、これまたお久しゅうございます。」
「俺を覚えているのか?」

「へぃ、へぃ、覚えていますとも。」
「おれから、オババの言う通り、コンドームを使ってな。確かに1つ破けよった。」

「さようでございますか。それで、どのおなごでございましょうか?」
「4人目の奥田忍だ。」

[はて?・・・」
占い師の顔があからさまに曇った。

「ん?どうかしたか?」
「あ、いえいえいえ。なんともございません。それで、お幸せにお暮らしで?」

「あ、あ。とりあえず、2回ほど浮気されたがね。あんたの言うとおり子供が出来たし、そう簡単に別れるのもあれだからな。まぁ、正直苦労してるよ。」

「さようでございましたか。いや、わたくしの力不足だったかもしれませぬ。」
「いや、所詮は占いだ。気にはしていない。久しぶりにここを通りかかったので、寄ってみただけだ。」

俊樹は、それじゃあと、恨みもなければ感謝もなくその場を去った。

占いでは佐々木茜と出ていだのじゃが。やはり、最後に全ての女と関係を持ってからという、わしの余計な情けは無用じゃったかのう・・・・」



俊樹は、一番最初に奥田茜とセックスをした。元AV女優彼女は口でコンドームを装着するテクニックを持ち、それと同時にコンドームを噛んで傷をつける事もできた。

そうとも知らずセックスをしたものだからコンドームは破れ、意中の人と思い込み残りのコンドームを使うこと無く結婚してしまった。




「かなり深刻な女難の相が出ておったが・・・・もうこのわしのところに来ることはあるまいな・・・」

占い師は、複雑な気持ちで目前に置いていた立派な水晶を眺めていた。


このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山ぶどー

  • メールを送信する
<2019年02月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28