デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

会場では、テーマが与えられて書き物をします。

2019年01月08日 05:18

会場では、テーマが与えられて書き物をします。

一応ですね。
選考を兼ねてますから(笑)。

用紙が渡されて、小さな鉛筆で(消しゴムなし)何か書くのです。
X‘masイブの時は、オスカー・ワイルドの「幸福王子」。
司会者朗読してくれて、みんなで5分以内で感想文を書きました。
司会者、「感想文は5分以内です、なお携帯、スマホの使用は厳禁です。電源を落としてください。画面を見ただけで不正と見なします、即退場です。あと私がハイ・止めと言ったら鉛筆を置いてください。途中でも結構です。置かないと、残念ながら退場してもらいます」
結構、厳しい選考ですよ(笑)。

っで、なるべく漢字を使うのが、よろしいとか・・・・笑・・・・・・これが伍郎さん流なのだそうです。
イングリッシュの他、漢文の素養があるようです。
端から端まで・・・・・笑・・・ひらがなやカタカナでは・・・・・ちょっと・・・・笑。
漢字を書けてもですね・・・・・誤字脱字ばかりでは・・・・・教養を疑われますよね(笑)。

5日(土)の時は、「いざ、鎌倉」の鉢木(はちのき)のお話でした。
冬の寒空、ひとりの旅の僧が落ちぶれた家に宿を貸してくれと頼んで・・・・・。
その家の主人が薪が無くなって、梅・松・桜の盆栽を薪にして暖を取り、僧をもてなしたお話です。
しばらくして鎌倉幕府から緊急の呼び出しがかかって・・・・御主人はイの一番に出陣しました。
そして・・・旅の僧と再会します・・・・実は執権時頼だったのです。
時頼は彼の失った領地を戻し、さらに梅・松・桜の名にちなんだ領地を安堵したというもの。
誰しも一度は聞いたことありますよね(笑)。

ただし・・・・感想文を漢字で書くのは・・・・・かなりしんどかったッス(笑)
しかも5分では・・・考える暇がありません。
思いついたことを走り書きするわけっす。

っで、それさえ済めば・・・・あとは極楽っす(笑)。
ペチャクチャ・・・ペチャクチャ・・・お話の輪ができて・・・・笑
競争相手と言っても・・・そこは女同士。
お話はみんな好きですから。

先月のX‘masパーティーで、落ちた女子が来てました。
あたし、「あら!、優香!、どうしたの?、落ちたのに・・・」
優香、「敗者復活だって・・・次点だったから・・・・・・洋子さんはいいわね・・・トップ当選で・・・すごいわ」
あたし、「じゃ、まだチャンスがあるのね・・・」
優香、「この会場に次点の子がかなりいるみたいよ・・・」
あたし、「感想文、漢字で書けた?」
優香、「全部ひらがな・・・・・漢字は・・・・・読めても全然書けない・・・・・」

そうなのです。
読むのはそこそこできるんですよね。
でも、ひらがなで出題されて・・・・・笑
スマホなしで、自力で書こうとすると・・・簡単そうでも・・・・意外に・・・・書けないですよね。

例えば、《たいまつ》。
たいまつって・・・・漢字変換なしで書けますか?

〇松・・・・かな?
ってか(笑)。
普通は・・・・・想像もつかないでしょう。
変換を使えば、簡単です。

こうです。










《松明》


ね(笑)。
国語辞典で調べると・・・・・正解がわかります。
これ・・・いきなり書けと言われて、かける人はたぶん、国語の先生だけでしょ(笑)。


(続き)
優香、「洋子さんは頭いいから・・・・得意でしょう・・」
あたし、「そうでもないわよ・・・漢字は書けそうで書けないわ・・・痛いところを突いてきてるわ・・伍郎さんって」
優香、「昨日、小学生の漢字書き取り帳で勉強したけど・・・・・全然ダメだった」
あたし、「一日だけの付け刃じゃ・・・・笑・・・・・それよりさ・・・・結構、ニューハーフがいるんだって、知ってる?」
優香、「噂では6,7割とか・・・・3人に2人はニューハーフらしい」
あたし、「え!、そんなに?・・・・誰がニューハーフなの?、あなたは?、もしかして?・・・ウフフ」
優香、「あたしはちゃんとした女よ・・・見せてあげようか?・・・・ウフフ・・・でも、誰がそうなのかしら・・・・わからないわ・・・」
あたし、「見た目じゃあ・・・全然わからないよね・・・普段何してるのかしら?」
優香、「まあ・・・・大きなお世話だけど・・・・家事手伝いじゃないの・・・」
あたし、「みんな銀座ママさんみたいなヘアースタイルだし・・・・・手をみても仕事している手じゃあないわ・・毎日道楽している手よ」
優香、「たぶん、あたしは落っこちよ・・・・敗者復活は無理・・・・今日の話初めて聞いたわ、洋子さんは知ってた?」
あたし、「高校の時、副読本に載ってたわ」
優香、「進学校でしょう・・・ウチは商業だったから」
あたし、「うん、一応」
優香、「どこの女子高? 教えて?」
あたし、「〇〇女子」
優香、「じゃ、大学行かないと・・・・100%進学校じゃん」
あたし、「そんなことはないわよ・・・家庭の事情でね」

~~~~~~~~~~
優香は二次選考へ進めませんでした。


漢字は・・・・書くのが難しいですね。


ちなみに・・・・・想像ですが・・。
優香は・・・・・・・ホントは・・・・・。
アッチだと思います。

理由は・・・・・笑


勘です。

女の・・・・・笑



あああ、違った。

ニューハーフの・・・・笑



ニューハーフ同士で・・・・・ああいう会話が成り立つのです。

女との境は・・・・・ありませんね。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2019年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31