デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

お年玉はケチらないように・・・・笑

2019年01月02日 06:34

お年玉はケチらないように・・・・笑

奮発した方がいいです。
ああ、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

っで、本題ですけど。
ある人の経験談
子供のころお父さん、お母さん、お兄ちゃんとボクの家族4人でお正月の親戚周りをしていました。
親戚Q家、両親と女の子2人。
お年玉を上げたり、もらったり・・・。
っで、次の親戚へ行く途中。

助手席のお母さん、
「お兄ちゃん、建ちゃん(ボク)、今貰ったお年玉、お母さんに渡しな」
お兄ちゃん、「はい」
ボク、「はい」

当時の相場は・・・・・・小学生は1000円だったそうです。

お母さんは、子供のお年玉を抜いて(笑)、次の子供のお年玉にしていたのです。
ついでに当時は、実に国民の7割の世帯が「標準世帯」だったのです。
信じられない話ですよね。
今なんて・・・・・標準世帯なって・・・ほとんど絶滅してますよね。

それで、お兄ちゃんのお年玉を抜いたら・・・・・1000円。
(お兄ちゃんは6年生)
ボクのお年玉を抜いたら・・・・・・なんと・・500円。
(ボクは3年生)
(かなり・・・・微妙ですね・・・・笑)
お母さんは怒りまくったそうです。
お母さん、「あ!、500円!、ウチはちゃんと1000円づつあげたのに・・・・これじゃあ、赤字だよ!・・・・・なにしてんの?・・・・あの家は・・!!」

実はお父さんの実家なので・・・なおさらです。
お父さんも・・・・形なし(笑)。

次に行く家も子供が二人です。

まさか下の子に500円というわけにはいきません。



お母さんは、500円=>1000円に補填してお年玉をおげたそうです。

っで、このお年玉500円の件は・・・・・その後、尾を引いて・・・話し手の一生涯忘れぬ思い出になっているそうです。
まあ、くれぐれも・・・・・笑

お年玉ケチらぬように・・・・しましょう。

特に、小学3年生あたりが・・・・笑
ちょっと・・微妙ですよね。
お兄ちゃん、お姉ちゃんと同じにすべきか・・・?
差をつけるべきか?


向こうは感受性が一番強いころです。
何でも、つまらないことでも・・・・・一生覚えています。
あなたもそうでしょう・・・・笑

大人の思い出はすぐ忘れても・・・・・笑
10歳前後のことは・・・忘れたくても、忘れることができませんよね。

子供・・・・・・恐るべし。



。。。。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2019年01月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31